男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

蟹江敬三

  • Keizo Kanie
  • 出演
本名
出身地 東京都江戸川区西小松川町
生年月日 1944年10月28日
没年月日 2014年3月30日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都江戸川区の生まれ。都立新宿高校卒業後の1964年に、劇団青俳演劇研究所に入所。翌65年に卒業して、青俳の団員となる。68年の劇団解散後は、蜷川幸雄らと現代人劇場、次いで桜社を結成するがいずれも解散し、現代制作舎を経てフリーとなる。この間の67年に東映の中島貞夫監督「あゝ同期の桜」で映画初出演。『真情あふるる軽薄さ』69、『東海道四谷怪談』71、『盲導犬』73などの舞台出演と並行して、71年には東陽一監督「やさしいにっぽん人」、増村保造監督「遊び」、勝新太郎監督「顔役」と異色作に立て続けに出演する。その後も、三隅研次監督「御用牙」72、森﨑東監督「藍より青く」73、今井正監督「あにいもうと」76、野村芳太郎監督「鬼畜」78、柳町光男監督「十九歳の地図」79などで、個性派俳優として注目を集めた。日活ロマンポルノにも多数出演し、中でも石井隆脚本、曽根中生監督「天使のはらわた・赤い教室」79のポルノ雑誌の編集者・村木哲郎役が高く評価される。以降も小栗康平監督「泥の河」81、柳町光男監督「さらば愛しき大地」82、深作欣二監督「蒲田行進曲」82など、巨匠・新鋭を問わず実力監督の作品に招かれて存在感を発揮。善人から悪人まで、その役どころも幅広い。テレビドラマも多く、NHK大河ドラマ『草燃える』79、『春の波涛』85、『翔ぶが如く』90、TBS『うちのホンカン』75~81、『野々村病院物語』81~83、『スウィートシーズン』98、日本テレビ『熱中時代』80・81、フジテレビ『スケバン刑事Ⅱ』85、『鬼平犯科帳』89~、テレビ朝日『さすらい刑事旅情編』89~95などに多数助演。近年も、テレビ朝日『京都地検の女』03~、NHK『龍馬伝』10、『あまちゃん』13などで名バイプレイヤーぶりを見せていた。2014年3月30日胃がんのため死去。

キネマ旬報の記事

2014年9月上旬号

光華抄~映画人を偲んで:第16回 蟹江敬三、沖山秀子、ジェームズ・ガーナー

2014年8月下旬号

映画人を葬る:蟹江敬三

1979年4月下旬号

ニッポン個性派時代:第38回 蟹江敬三