男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

名取裕子

  • Yuko Natori
  • 出演
本名
出身地 神奈川県横須賀市の生まれ
生年月日 1957年8月18日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

神奈川県横須賀市の生まれ。勝ち気で男の子のように元気に育つ。中学生の時に実母が亡くなり、しばらくひとりで父と兄の食事を作り家事をこなした。この経験で精神的に早く大人になったという。青山学院大学文学部在学中の1976年、東宝とカネボウ化粧品が提携して三浦友和の相手役を募集したコンテスト“ミス・サラダガール”に知人の勧めで応募し、準グランプリを獲得。グランプリに選ばれたのは古手川祐子だった。同年の三浦友和主演「星と嵐」、TBSのドラマ『愛と憎しみの宴』に端役で出演したのち、77年の同局『おゆき』のヒロインに選ばれる。NHK大河ドラマ『黄金の日日』78では徳川の隠密・梢役を演じ、和風の美しさが広く人気を呼ぶ。79年にはさだまさしのヒット曲を映画化した松林宗恵監督「関白宣言」のヒロイン。TBS『3年B組金八先生』では主人公・坂本金八(武田鉄矢)の同僚で生徒(田原俊彦)が初恋を寄せる美術教師・田沢涼子役を演じ、好評により80年の第2シリーズにも出演。その後もスペシャル版などでたびたびゲスト出演する。82年、松本清張原作、和田勉演出のNHK『けものみち』のヒロイン・民子役に白羽の矢が立つ。半身不随の夫を抱えて働く女が「行先のわからない列車に乗ってみる気はないかね」と誘う男(山崎努)に導かれ、夫を殺して政財界の大物の愛人となる。けものみちに自ら分け入っていく女性像を体当たりで演じ、さわやかなお嬢さん女優からの脱皮を果たした。同年には日本テレビ『指』もあり、初の本格的な映画主演作となる三村晴彦監督「彩り河」84、日本テレビ『わるいやつら』85など松本清張作品が続く。和服の似合うたおやかな気品がサスペンスの場においては張りつめた迫力に変わる、その艶めかしい落差が、市井の人間が欲にかられ犯罪に陥るさまを精妙に描く世界にはうってつけで、一時は“清張女優”と呼ばれるほどの相性の良さを見せた。宮尾登美子原作、中島貞夫監督「序の舞」84では、明治から昭和にかけて美人画を描き続け、女性初の文化勲章を受章した上村松園がモデルの日本画家役で主演。佐藤慶との濃厚な濡れ場が話題を呼ぶ。また84年には清水邦夫作、蜷川幸雄演出の『タンゴ・冬の終わりに』で初舞台を踏み、高い評価を受けて、以後も演劇作品に定期的に出演するようになる。シリアスな題材・役柄で人気女優の座を掴んだものの、自身の性格はラジオなどであけすけに思ったことを語る現代的な陽性。夏目雅子が急病のため降板した長尾啓司監督「時代屋の女房2」85で代役をつとめ、同い年で比較されることの多かった夏目とはまた一味違う明るさを見せる。以降も浦山桐郎監督「夢千代日記」85、五社英雄監督「櫂」85、大森一樹監督「テイク・イット・イージー」86、中田新一監督「ドン松五郎の生活」86と順調に助演作を重ね、87年は舛田利雄監督「首都消失」、五社英雄監督「吉原炎上」、栗原剛志監督「愛はクロスオーバー」と主演作が3本続く。「吉原炎上」では明治の吉原遊郭最後の花魁道中を果たす遊女役を熱演し、妖艶な魅力で人気を呼んだ時期のピークとする。充実した映画出演は88年も続き、五社英雄監督「肉体の門」では主演のかたせ梨乃と敵対する街娼役を演じ、長崎俊一監督のサスペンス「妖女の時代」では二役に挑戦。中でも新境地となったのが同年の山田太一原作、大林宣彦監督「異人たちとの夏」。主人公の脚本家(風間杜夫)を誘う謎めいた美女の儚さと妄執を見事に演じ、現代版怪談に深みを与えた。以降も映画界に欠かせぬ華も実もある女優として時代劇からコメディまで多数に出演。90年代の主要作は、一人四役を演じた村野鐵太郎監督の幻想劇「KOYA/澄賢房覚え書」93、犯人を匿う孤独な女の愛が鮮烈だった崔洋一監督「マークスの山」95、犯罪トラブルに巻き込まれて夫の葬儀がなかなか行なえない主婦に扮した水谷俊之監督「勝手に死なせて!」95など。90年代後半、舞台版『吉原炎上』などの過密スケジュールと義母の介護が重なり一時体調を崩すが、愛犬の世話をきっかけに復調。チャンピオン犬を育て上げるほどのドッグブリーダーとしても知られるようになる。2000年代に入って映画出演の機会は減るも、崔洋一監督「クイール」03では子犬を盲導犬訓練士に託す愛犬家の女性を好演。一方、テレビドラマは逆に00年代から人気上昇し、テレビ朝日『法医学教室の事件ファイル』92~11、『京都地検の女』03~11や、各局の2時間サスペンスなど数々の主演作を持つ。かつての悪女役とは逆の立場に廻りながら、颯爽とした事件解決ぶりの中に、罪を憎んで人を憎まずの精神を情味豊かに湛えているところが高い支持の理由と言える。近作にフジテレビ『チーム・バチスタの栄光』08のベテラン看護師・藤原真琴役があり、テレビ朝日『コールセンターの恋人』09ではテレビショッピングの女王・南極アイス役のコメディ演技が評判になった。

キネマ旬報の記事

2008年8月上旬号

これがはじまり:第28回 名取裕子

1993年12月下旬特大号

インタビュー:名取裕子

1993年5月下旬号

インタビュー:名取裕子

1992年3月上旬号

スポット・ライト:名取裕子

1984年5月下旬号

ザ・インタビュー:名取裕子