男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ジャック・タチ

  • Jacques Tati
  • 出演/脚本/監督
本名
出身地 フランス、セーヌ=エ=オワーズ県ペック
生年月日 1908年10月9日
没年月日 1982年11月5日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【フランス映画最高の喜劇王】フランスのセーヌ=エ=オワーズ県ペックの生まれ(生年は1908年、09年の諸説あり)。父の経営する額縁屋を継ごうと思っていたが、学校に入ってから、軽快な身のこなしで演じるラグビーの物真似で人気者になり、将来はスポーツの物真似の芸人になることを思いつく。最初のチャンスは、商船ノルマンディ号を祝うためのショーへの出演。これをきっかけに舞台出演の話も来て、大成功する。1931年に映画界に入り、32年「テニスのチャンピオン、オスカール」に出演(未完)。その後、ルネ・クレマンの「左側に気をつけろ」(36)をはじめ、3本の短編に出演した。38年には短編を監督して自ら主演(これも未完)、戦後は、俳優として「乙女の星」(45)、「肉体の悪魔」(46)に出演した。47年「郵便配達の学校」で本格的に監督デビュー、49年に初の長篇「のんき大将脱線の巻」を発表。お祭りの日、ブドウ酒を飲まされたタチ演じる郵便配達夫は、アメリカ映画で見た郵便配達のように張り切って猛スピードで飛び出す。のどかな田舎の雰囲気がよく出ている。ヴェネチア映画祭脚本賞、フランス・シネマ大賞を受賞。続く作品が「ぼくの伯父さんの休暇」(53)。タチの映画の代名詞となったユロ氏が登場、猫も杓子も海へ、海へのシーズン、ユロ氏は何処へ行ったらいいのやら、右往左往する。そしてやっと海に着くのだが、それはそれでトラブルが。とぼけた味のスケッチがつづられる。カンヌ映画祭国際映画批評家連盟賞、ルイ・デリュック賞、フランス・シネマ大賞最優秀男優賞などを独占。この頃からハリウッドから熱心に誘われるが、いかなる制約も拒否する彼は断り続ける。そして、次の「ぼくの伯父さん」(58)は、ユロ氏シリーズ第2弾。社長の一人息子は下町に住んでいる伯父さんの家の方が気に入っている。社長はそれが不満で伯父さんと引き離そうと画策する。現代フランスの矛盾をやんわりと突いている。こちらもカンヌ映画祭審査員特別賞ほか多くの賞を獲得した。【機械文明を批判したコメディ】67年、9年ぶりの新作で、今度も脚本・監督・主演の70ミリ大作「プレイタイム」を撮る。近代的な大会社に就職するためにパリにやって来たユロ氏の失敗を描きながら、さりげなく機械文明を風刺したコメディ。1200万ドルというフランス映画史上最大の製作費をかけ、世界を驚かせたが、興行的には大失敗であった。作品本数は少ないが、すべての作品が個性に満ちていて、独自のギャグ、人間賛歌、文明批評、そしてあらゆる賞を独占しつづけたフランス最高の喜劇監督であることは間違いない。

キネマ旬報の記事

2014年12月上旬号

MOVIE at HOME お家でDVD & Blu-Layを:DVDコレクション 「ジャック・タチ コンプリートBOX」

1958年11月下旬号

特集批評 ぼくの伯父さん:タチとチャップリン