男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ピエル・パオロ・パゾリーニ

  • Pier Paolo Pasolini
  • 脚本/監督/原作/出演
本名
出身地 イタリア、ボローニャ
生年月日 1922年3月5日
没年月日 1975年11月2日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【あらゆるタブーに挑戦したイタリアの鬼才】イタリア、ボローニャの生まれ。職業軍人の父の関係で、パルマ、クレモナなど北イタリアを転々とする。1939年ボローニャ大学に入るが、このころルネ・クレール、チャップリン、溝口健二作品などを見て映画への想いを募らせる。42年には初の詩集を出版、彼の名はまず詩人として注目された。45年、パルチザンに参加していた3歳年下の弟が、内部抗争の犠牲となり殺害された。一方、教師生活をしながら小説を発表。ネオレアリスモの小説家モラヴィアの流れをくむ作家として話題となる。47年に共産党に入党するが、49年に未成年者堕落罪で告発されたため、除名される。50年ローマに出る。当初は苦しい生活が続くが、精力的な文筆活動によって文壇に認められるとともに、その才能を映画界からも注目されるようになり、フェデリコ・フェリーニの「カビリアの夜」(57)、マウロ・ボロニーニの「穢れなき抱擁」(60)の脚本に協力する。61年「アッカトーネ」で監督デビュー。粗野な男のむき出しの生と死が直截に表現されたこの作品は高く評価された。小説から映画へ、パゾリーニは自身の表現方法を変えたのである。64年の「奇跡の丘」は“マタイ伝”の映画化で、行動する革命家としてのキリスト像は全世界に強烈なインパクトを与えた。67年の「アポロンの地獄」は、著名なギリシャ悲劇を現代にも通じる普遍的な象徴にまで高め、重厚なドラマとして再構築した。これでパゾリーニの名は異端児としてばかりでなく、映像作家として世界に認識されたのである。【エロスと古典作品の映画化】有産階級の家にまぎれこんだ青年によって家族関係が崩壊する姿を描いた「テオレマ」(68)。そして、オペラ歌手マリア・カラスを主役に招いて、これまたギリシャ悲劇に材をとった「王女メディア」(69)を、パゾリーニならではの巧みな映像世界で描いた。以降、エロスの讃歌とともに特異な作風を見せるようになり、「デカメロン」(71)、「カンタベリー物語」(72)、「アラビアンナイト」(74)など、古典作品の映像化に意欲的に取り組んだ。75年の「ソドムの市」は、ムッソリーニの時代を舞台にした、美少年・美少女相手にレイプ、スカトロ、ゲイ、ソドミーなどグロテスクな映像が破天荒に展開する反体制映画である。パゾリーニは同性愛者であることを公言していたが、75年11月2日、ローマの南20キロの海辺の近くの林の中で、撲殺死体として発見された。犯人は17歳の少年で正当防衛を主張、同性愛を迫られての犯行と自供。様々な疑問を残しながら、79年、少年に犯意がなかったことが認められた。

キネマ旬報の記事

1999年5月上旬号

特別企画 パゾリーニ映画祭に浸る:パゾリーニ、文学から映画へ

特別企画 パゾリーニ映画祭に浸る:パゾリーニ映画を観る愉しみ

特別企画 パゾリーニ映画祭に浸る:パゾリーニと大島渚

1998年11月下旬号

スペシャル・レポート:パゾリーニ展準備中(1)

1976年10月上旬秋の特集号

特集 「愛のコリーダ」:2 パゾリーニ・大島渚・「愛のコリーダ」

1976年1月上旬新年特別号

グラビア:パゾリーニの遺作「ソドムの市」

P・P・パゾリーニの死とその真実:

1975年9月上旬号

特集 「インモラル物語」:2 パゾリーニ・ベルトルッチ・ボロヴズィック

1974年9月上旬号

グラビア:パゾリーニの艶笑三部作完結篇 「アラビアンナイト」

1974年8月上旬号

1974年カンヌ映画祭レポート:3 パゾリーニとコッポラの新作

1973年11月下旬号

グラビア:P・P・パゾリーニ監督の「アラビアンナイト」

1973年6月上旬号

パゾリーニ/性の三部作への告白:

1972年12月上旬号

「カンタベリー物語」でパゾリーニが描いたスキャンダラスな性:

パゾリーニ/その謎:

シナリオ:カンタベリー物語

1972年9月上旬号

特別グラビア:パゾリーニ/カンタベリー物語

1972年6月下旬号

ピエル・パオロ・パゾリーニを推理する:

1972年6月上旬号

特別グラビア:パゾリーニの「デカメロン」

ピエル・パオロ・パゾリーニの人間と性への讃歌「デカメロン」:

シナリオ:デカメロン

1971年10月下旬号

特集 欧州三映画作家への特別インタビュー:P・P・パゾリーニ

1971年3月上旬号

特別グラビア:パゾリーニの新作 「デカメロン」

世界の映画作家:パゾリーニ最新作「デカメロン」を語る

1970年7月上旬夏の特別号

特別グラビア:パゾリーニの「豚小屋」

特別ディスカッション 「豚小屋」をめぐってパゾリーニの映画がもつ現代的な意味を評価するための論争:恩地日出夫×黒木和雄×金坂健二×福田善之×横尾忠則

パゾリーニ論の曖昧さを解く鍵は?:

シナリオ:豚小屋

1970年5月下旬号

特別グラビア:パゾリーニの問題作 「豚小屋」

1970年4月下旬号

特別グラビア:パゾリーニの新作 「王女メディア」

「王女メディア」 特別ディスカッション パゾリーニにとってのギリシャとは何か?:佐藤忠男×谷川俊太郎×戸張智雄×松本俊夫×吉村信次郎×白井佳夫

シナリオ:王女メディア

1970年3月上旬号

ピエル・パオロ・パゾリーニの神聖なるセックス:

1970年2月上旬決算特別号

ベスト・テン発表特別グラビア:外国映画監督賞 ピエル・パオロ・パゾリーニ

1969年11月上旬号

特別グラビア:パゾリーニ・インタビュー

特別座談会 「テオレマ」の秘密とパゾリーニの神秘を解く鍵は果して何か:井上光晴×篠田正浩×福田定良×矢代静一×米川良夫

1968年11月上旬号

特集 パゾリーニとその新作の秘密:座談会 「アポロンの地獄」の謎を解く 倉本聡(脚本家)×佐藤忠男(評論家)×羽仁進(監督)×矢代静一(劇作家)×山田宏一(評論家)

特集 パゾリーニとその新作の秘密:P・P・パゾリーニの横顔

特集 パゾリーニとその新作の秘密:ピエル・パオロ・パゾリーニ自作を語る

1966年9月下旬号

異色のキリスト伝「奇跡の丘」の問題点:作家パゾリーニの秘密をとく

1958年12月上旬号

特集 チャールズ・チャップリン:チャップリンと映画の青春