男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

川本三郎

  • ----
  • 原作
本名
出身地
生年月日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

キネマ旬報の記事

2018年11月上旬号

『あの映画に、この鉄道』発行記念対談:川本三郎×山下敦弘

2018年1月下旬号

渡部幻『ぼくのアメリカ映画時評』連載開始記念対談[後編]:川本三郎×渡部幻

2018年1月上旬号

巻頭特集 2018年も映画三昧!:対談 川本三郎×渡部幻

2017年2月下旬号 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2016年 第90回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:個人賞カラーグラビア キネマ旬報読者賞 川本三郎

2017年1月下旬号

大林宣彦×川本三郎:「いつか見た映画館」をめぐって 「後編」素晴らしき哉、映画対談

2017年1月上旬号

新春特別対談 大林宣彦×川本三郎:『いつか見た映画館』をめぐって[前篇] 敗戦少年が見たアメリカ映画の平和

2016年8月上旬号

映画の職人、大いに闘う 「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」:鼎談 トランボ、偉大なる職人 川本三郎×江戸木純×渡部幻

2016年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2015年 第89回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:個人賞カラーグラビア キネマ旬報読者賞 川本三郎

受賞者インタビュー:川本三郎

2015年7月下旬号

終戦70年 後世に伝えたい戦争映画:特別インタビュー 川本三郎(「映画の戦後」著者)

2015年6月上旬号

映画を見ればわかること:第315回 ヴェトナム戦争のドキュメンタリー「ハーツ・アンド・マインズ」のこと、第二次世界大戦の英雄、オーディ・マーフィのことなど

2015年5月下旬号

映画を見ればわかること:第314回 呉美保監督「きみはいい子」のこと 「先生様」という言葉のことなど

2015年5月上旬号

映画を見ればわかること:第313回 韓国映画「私の少女」のことなど

2015年4月下旬号

映画を見ればわかること:第312回 ジプシーを描く「パプーシャの黒い瞳」のこと

2015年4月上旬号

映画を見ればわかること:第311回 ダグラス・サーク監督「翼に賭ける命」のこと、ウィラ・キャザー『マイ・アントニーア』のことなど

2015年3月下旬映画業界決算特別号

映画を見ればわかること:第310回 マイケル・ウィンターボトム監督「イタリアは呼んでいる」のこと、ジョン・ヒューストン監督「悪魔をやっつけろ」のことなど

2015年3月上旬号

【巻頭特集】映画×ももクロ「幕が上がる」:地方の普通の少女たちと、遠い宇宙

映画を見ればわかること:第309回 成瀬巳喜男「秋立ちぬ」のこと、佐藤正午『鳩の撃退法』のことなど

2015年2月上旬号

映画を見ればわかること:第308回 個人商店が輝く「繕い裁つ人」のこと、「さいはてにて」のことなど

2015年1月下旬号

映画を見ればわかること:第307回 高倉健のこと。それのみ

2015年1月上旬号

映画を見ればわかること:第306回 一人暮らしには身に染みる「おみおくりの作法」のこと、ゲイリー・クーパー主演の「善人サム」のことなど

2014年12月下旬号

映画を見ればわかること:第305回 パトリス・ルコント監督「暮れ逢い」のこと、沖田修一監督「滝を見にいく」のことなど

2014年12月上旬号

映画を見ればわかること:第303回 宮沢りえ主演「紙の月」のこと、船山馨原作の日活映画「地図のない町」のことなど

2014年11月下旬号

映画を見ればわかること:第302回 安藤サクラ主演、安藤桃子監督「0.5ミリ」のこと、ハイドンの弦楽四重奏曲<ひばり>のことなど

2014年11月上旬号

映画を見ればわかること:第301回 <シェリー><君の瞳に恋してる>が懐かしい「ジャージー・ボーイズ」のこと、荒木一郎の青春小説『ありんこアクター・ダーク』のことなど

2014年10月下旬号

映画を見ればわかること:第300回 ジョン・ル・カレ原作の「誰よりも狙われた男」のこと、懐かしの「寒い国から帰ったスパイ」のことなど

2014年10月上旬号

映画を見ればわかること:第299回 「リスボンに誘われて」のこと、ひめゆり部隊と「駅馬車」のことなど

2014年9月下旬号

【巻頭特集】永久保存版 1924-2014 コロンビア映画の軌跡 90th その一本が時代を変えたコロンビア映画の男たち女たち:コロンビア映画と私 川本三郎 コロンビアの西部劇

映画を見ればわかること:第298回 ブルーレイが発売された「ピクニック・アット・ハンギングロック」のこと、幻の「日曜には埋葬しない」のことなど

2014年9月上旬号

映画を見ればわかること:第297回 修道院での祈りを描く「大いなる沈黙へ」のことなど

2014年8月下旬号

映画を見ればわかること:第296回 ガス・ヴァン・サント監督「プロミスト・ランド」のことなど

2014年8月上旬号

映画を見ればわかること:第295回 大林宣彦監督「野のなななのか」のこと鉄道廃墟のことなど

2014年7月下旬号

映画を見ればわかること:第294回 小さな映画が素晴らしい。ポーランド映画「イーダ」のことなど

2014年7月上旬号

映画を見ればわかること:第293回 オットー・プレミンジャー「或る殺人」のこと、美しいチェンバロ奏者、曽根麻矢子のことなど

2014年6月下旬号

映画を見ればわかること:第292回 チェーン・ストーリーのこと、ジャ・ジャンクー監督「罪の手ざわり」のことなど

2014年6月上旬号

映画を見ればわかること:第291回 日本の水田の美しさのこと、ドキュメンタリー映画「天に栄える村」のことなど

2014年5月下旬号

安西水丸「と」映画:川本三郎 千倉の海と東京タワー

映画を見ればわかること:第290回 コーエン兄弟の「インサイド・ルーヴィン・デイヴィス」のこと、赤狩りで追われたジョン・ベリイ監督のことなど

2014年5月上旬号

映画を見ればわかること:第289回 寂しい北海道の風景。「私の男」のこと、「そこのみにて光輝く」のことなど

2014年4月下旬号

映画を見ればわかること:第288回 六〇年代ロックは素晴らしい。「チョコレートドーナツ」のこと、「バックコーラスの歌姫たち」のことなど

2014年4月上旬号

映画を見ればわかること:第288回 DVDが発売された「破局」「その男を逃がすな」のこと、ジョン・ガーフィールドのことなど

2014年3月下旬号

映画を見ればわかること:第287回 アレキサンダー・ペイン監督「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」のこと、ジャック・ニコルソンの涙のことなど

2014年3月上旬号

映画を見ればわかること:第286回 「小さいおうち」の十二月八日のこと、ジョーン・フォンテインのことなど

2014年2月上旬号

映画を見ればわかること:第285回 テオ・アンゲロプロス「エレニの帰郷」のこと、ジョセフ・クーデルカの写真展のことなど

2014年1月下旬号

映画を見ればわかること:第284回 「小さなおうち」の郊外住宅地のこと、「もらとりあむタマ子」の踏切のことなど

2014年1月上旬号

映画を見ればわかること:第283回 「42~世界を変えた男~」のブランチ・リッキーのこと、ブルックリン・ドジャースのことなど

2013年12月下旬号

映画を見ればわかること:第282回 「ハンナ・アーレント」のこと、ウィリアム・ショーンのことなど

2013年12月上旬号

映画を見ればわかること:第281回 再上映された「天国の門」のこと、西部開拓と鉄条網のことなど

2013年11月下旬号

映画を見ればわかること:第280回 「恋するリベラーチェ」の実在のピアニストのこと、偉大なる先達のことなど

2013年11月上旬号

映画を見ればわかること:第279回 スーザン・ヘイワード主演「狙われた駅馬車」のこと、児童映画「空気の無くなる日」のことなど

2013年10月下旬号

映画を見ればわかること:第278回 懐かしのスーザン・ヘイワードのこと、J・D・サリンジャーのことなど

2013年10月上旬号

映画を見ればわかること:第277回 谷口ジロー原作のフランス映画「遥かな町へ」のこと、ハイドリヒ暗殺を描く小説『HHhH』のことなど

2013年9月下旬号

映画を見ればわかること:第276回 「風立ちぬ」の鉄道のデッキのこと、木下惠介監督「遠い雲」のことなど

2013年9月上旬号

映画を見ればわかること:第275回 「風立ちぬ」と「零戦燃ゆ」のこと、ウィリアム・ロスのことなど

2013年8月下旬号

映画を見ればわかること:第274回 「25年目の弦楽四重奏」に流れた美しい歌曲のこと、『死都ブリュージュ』のことなど

2013年8月上旬号

映画を見ればわかること:第273回 エストニアの美しい女優のこと、フランス映画と成瀬巳喜男のことなど

2013年7月下旬号

映画を見ればわかること:第272回 アラン・ラッドの「血ぬられし欲望」のこと、ジョエル・マクリーの「西部の囚人」のことなど

2013年7月上旬号

映画を見ればわかること:第271回 北海道の旅のこと、北九州の旅のことなど

2013年6月下旬号

映画を見ればわかること:第270回 木下惠介に捧げられた原恵一監督「はじまりのみち」のことなど

2013年6月上旬号

映画を見ればわかること:第269回 神保町シアターで見たサイレント映画「愛よ人類と共にあれ」のこと、「警察官」のことなど

2013年5月下旬号

映画を見ればわかること:第268回 名傍役エリシャ・クック・ジュニアのこと、ニューヨーク在住の画家、依田洋一朗さんのことなど

2013年5月上旬号

映画を見ればわかること:第267回 新津きみよ原作「桜、ふたたびの加奈子」のこと、作曲家、佐村河内守のことなど

2013年4月下旬号

映画を見ればわかること:第266回 石井裕也監督「船を編む」のこと、ハワード・ホークス監督「教授と美女」のことなど

2013年4月上旬号

巻頭特集 伝統を継ぐ ワーナー・ブラザースの90年:個性派スターの輝き

映画を見ればわかること:第265回 君塚良一監督「遺体~明日への十日間~」のこと、池谷薫監督「先祖になる」のことなど

2013年3月下旬号

映画を見ればわかること:第264回 「荒野の決闘」のオリジナル、「フロンティア・マーシャル」のことなど

2013年3月上旬号

映画を見ればわかること:第263回 山田洋次監督「東京家族」のこと、瀬戸内という「まほろば」のことなど

2013年2月上旬号

映画を見ればわかること:第262回 マイケル・パウエルと、エメリック・プレスバーガーのことなど

2013年1月下旬号

映画を見ればわかること:第261回 内田伸輝監督「おだやかな日常」のこと、今泉かおり監督「聴こえてる、ふりをしただけ」のことなど

2013年1月上旬号

映画を見ればわかること:第260回 原節子主演「七色の花」のこと、杉村春子のこと、原作者の中山義秀のことなど

2012年12月下旬号

映画を見ればわかること:第259回 クリント・イーストウッド「人生の特等席」のこと、ミッキー・マントルのことなど

2012年12月上旬号

映画を見ればわかること:第258回 中村義洋監督「みなさん、さようなら」のこと、軍艦島のことなど

2012年11月下旬号

映画を見ればわかること:第257回 タナダユキ監督「ふがいない僕は空を見た」のこと、多摩川べりの五本松のことなど

2012年11月上旬号

映画を見ればわかること:第256回 「ロード・ムービー」という言葉のこと、堀川弘通監督「花物語」「裸の大将」のことなど

2012年10月下旬号

銀幕のひと 津島恵子:いまは失われた、良き時代の気品があった

映画を見ればわかること:第255回 周防正行監督「終の信託」のこと、アンドレ・カイヤット監督「裁きは終わりぬ」のことなど

2012年10月上旬号

映画を見ればわかること:第254回 林芙美子原作「幸福の彼方」のこと、尾崎一雄原作「陽気眼鏡」のことなど

2012年9月下旬号

映画を見ればわかること:第253回 再び「っす」言葉のこと、若尾文子の舞台「明日の幸福」の原作者、中野実のことなど

2012年9月上旬号

映画を見ればわかること:第252回 アニメ「グスコーブドリの伝説」のこと、ますむら・ひろしのヒデヨシのことなど

2012年8月下旬号

映画を見ればわかること:第251回 山下敦弘監督「苦役列車」のこと、ヤン・ヨンヒ監督「かぞくのくに」のことなど

2012年8月上旬号

映画を見ればわかること:第250回 追悼、レイ・ブラッドベリのことなど

2012年7月下旬号

映画を見ればわかること:第249回 ジョニー・デップ主演「ラム・ダイアリー」のこと、モデルとなったハンター・S・トンプソンのことなど

2012年7月上旬号

映画を見ればわかること:第248回 イギリス映画「ジェーン・エア」のこと、ジーン・リース『サルガッソーの広い海』のことなど

2012年6月下旬号

映画を見ればわかること:第247回 再びエドガー・G・ウルマーのこと、映画の中の“boo-boo”のことなど

2012年6月上旬号

「幕末太陽傳 デジタル修復版」記念鼎談:芦川いづみ×橋本文雄×川本三郎 16年目の“君美わしく”

映画を見ればわかること:第246回 「カーネギー・ホール」のこと、エドガー・G・ウルマーのことなど

2012年5月下旬号

映画を見ればわかること:第245回 「存在の耐えられない軽さ」に流れた<ヘイ・ジュード>のこと、チェコ映画「夜のダイヤモンド」のことなど

臨時増刊2012年5月11日「映画作家 森田芳光の世界」

森田の時代 我らの時代 森田映画を語る:通り過ぎる者の目で見た風景

2012年5月上旬号

映画を見ればわかること:第243回 韓国映画、「ムサン日記~白い犬」のこと、ヴィットリオ・デ・シーカ「ウンベルトD」のことなど

2012年4月下旬号

巻頭特集 ユニバーサル映画の100年:コラム わたしとユニバーサル (4)西部劇

映画を見ればわかること:第243回 森田芳光監督「僕達急行」の鉄道のこと、「麒麟の翼」の日本橋のことなど

2012年4月上旬号

映画を見ればわかること:第242回 「ティファニーで朝食を」のこと、ビリー・ワイルダーのコメディのことなど

2012年3月下旬号

映画を見ればわかること:第241回 タル・ベーラ監督「ニーチェの馬」のこと、幻のドイツ映画「死の船」のことなど

2012年3月上旬号

映画を見ればわかること:第240回 園子温監督「ヒミズ」のこと、芥川賞受賞作、田中慎弥『共喰い』のことなど

2012年2月上旬特別号

映画を見ればわかること:第239回 追悼・森田芳光監督

2012年1月下旬号

映画を見ればわかること:第238回 レバノン内乱を背景にした「灼熱の塊」のこと、往年の映画「眼には眼を」のこと

2012年1月上旬号

映画を見ればわかること:第237回 「ミルドレッド・ピアース」のこと、ジョーン・クロフォードのことなど

2011年12月下旬号

映画を見ればわかること:第236回 「RAILWAYS2」のカーヴする電車のこと、伊藤雄之助主演「広い天」のことなど

2011年12月上旬号

映画を見ればわかること:第235回 アラン・レネ「風にそよぐ草」のこと、淡路恵子が出演した「トコリの橋」のことなど

2011年11月下旬号

映画を見ればわかること:第234回 パトリシア・ゴッジ「かもめの城」のこと、ヘイリー・ミルズ「追いつめられて…」のことなど

2011年11月上旬号

映画を見ればわかること:第233回 「探偵はBARにいる」のこと、北海道のこと、「挽歌」のことなど

2011年10月下旬特別号

映画を見ればわかること:第232回 ポランスキー「ゴーストライター」のこと、ブラッドベリの伝記のことなど

2011年10月上旬号

映画を見ればわかること:第231回 湊線、那珂湊駅のこと、「さゞなみ」の峠駅のこと、家城巳代治監督「裸の太陽」のことなど

2011年9月下旬特別号

映画を見ればわかること:第230回 福島県いわき市への旅のこと、黒木和雄監督「原子力戦争」のことなど

2011年9月上旬号

映画を見ればわかること:第229回 ジョージ・クルーニー「ラスト・ターゲット」のこと、韓国映画「下女」のことなど

2011年8月下旬号

映画を見ればわかること:第228回 ジョン・ガーフィールドのころ、テレビドラマ『火の魚』の原田芳雄のことなど

2011年8月上旬号

映画を見ればわかること:第227回 神保町シアター「美女と探偵」特集のこと、シルヴァ・コシナのことなど

2011年7月下旬号

映画を見ればわかること:第226回 韓国映画「ハウスメイド」のこと、貞永方久監督「影の爪」のことなど

2011年7月上旬号

映画を見ればわかること:第225回 トルコ映画「蜂蜜」のこと、イギリス映画「おじいさんと草原の小学校」のことなど

2011年6月下旬号

映画を見ればわかること:第224回 「まほろ駅前多田便利軒」のこと、「ふゆの獣」のことなど

2011年6月上旬号

巻頭特集 若者よ、君たちは一体何だったのか「マイ・バック・ページ」:原作者・川本三郎から映画化に寄せて

映画を見ればわかること:第223回 シドニー・ルメット「丘」のこと、グロリア・ヴェンダービルトのことなど

2011年5月下旬号

映画を見ればわかること:第222回 エリザベス・テーラーのこと、シドニー・ルメット「十二人の怒れる男」のことなど

1999年5月上旬号

特集 39 刑法第三十九条:作品評

追悼:追悼・瀬戸川猛資

1999年4月上旬春の特別号

特集 シン・レッド・ライン:作品評

1999年3月上旬号

追悼特集 永遠の人 木下惠介:「時代」の終わりを見つめる悲劇

特集 avec mon mari アベック・モン・マリ:作品評