男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ビリー・ワイルダー

  • Billy Wilder
  • 脚本/監督/製作/原作
本名 Samuel Wilder
出身地 オーストリア=ハンガリー(現ポーランド)、ズーハ
生年月日 1906年6月22日
没年月日 2002年3月2日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【喜劇からシリアス・ドラマまで傑作を撮り続けた名匠】ポーランドのズーハ(当時はオーストリア領)に生まれる。ウィーン大学を中退後、新聞記者を経て脚本家となる。ナチの台頭で、ユダヤ人の彼は1933年にフランスに渡った。34年、“Mauvaise Graine” で監督デビュー。翌35年、メキシコを経由してアメリカに渡った。英語を話せないために、ドイツ語で書いた脚本を英訳して映画会社に売り込むが、2年間は全く売れなかった。エルンスト・ルビッチ監督の「青髯八人目の妻」(38)、「ニノチカ」(40)を、チャールズ・ブラケットと組んで脚本を書いた。42年“The Major and the Minor”で本格的に監督デビュー。以降、自作のほとんどの製作を担当し、脚本は前期はブラケット、後期はI・A・L・ダイアモンドとの共同で書いている。45年の「失われた週末」は、アル中の主人公の生態を緊迫した雰囲気で、緻密に描いた秀作。アカデミー賞の作品・監督・主演男優賞などを受賞した。そして50年の「サンセット大通り」はハリウッドの内幕もので、復活を夢見る大スターと売れない脚本家の出会いから生まれた壮絶なドラマを描く。捕虜収容所の脱走もの「第十七捕虜収容所」(53)、オードリー・ヘップバーンの「麗しのサブリナ」(54)、マリリン・モンローの「七年目の浮気」(55)、リンドバーグ飛行士の偉業を描く「翼よ! あれが巴里の灯だ」(56)、再度オードリーとゲイリー・クーパーのメロドラマの傑作「昼下りの情事」(57)、アガサ・クリスティ原作の法廷劇の傑作「情婦」(57)、モンローとトニー・カーティス&ジャック・レモンのコメディの傑作「お熱いのがお好き」(59)などなど、多彩なジャンルをことごとく傑作に仕上げる一流の腕を披露した。【現代人の哀歓を巧みに描く】60年には記念すべき「アパートの鍵貸します」を監督。サラリーマンの悲哀を笑いとペーソスで描いた傑作で、再度アカデミー賞の作品・監督賞を受賞した。主演のジャック・レモンとは以降も、「あなただけ今晩は」(63)、「恋人よ帰れ!わが胸に」(66)、「お熱い夜をあなたに」(72)、「フロント・ページ」(74)、「バディ・バディ」(81)でコンビを組み、ワイルダーの後期の作品で象徴的な、現代人の哀歓を巧みに描いたコメディでレモンは主演するのである。ほかにはキム・ノヴァクと「ねえ!キスしてよ」(64)、本格的な探偵映画「シャーロック・ホームズの冒険」(70)、再度ハリウッドの内幕に挑んだ「悲愁」(79) と、晩年まで意欲的だった。7個のオスカーを獲得(監督賞、脚本賞、アーヴィング・タルバーグ賞、作品賞まで含めて)、ノミネートは20回という記録を持っている。

キネマ旬報の記事

2002年5月下旬特別号

追悼 ビリー・ワイルダー Wilder is perfect・・・:ワイルダーが亡くなった日のアメリカ

追悼 ビリー・ワイルダー Wilder is perfect・・・:対談:和田誠×三谷幸喜

追悼 ビリー・ワイルダー Wilder is perfect・・・:ワイルダーの愛した場所

追悼 ビリー・ワイルダー Wilder is perfect・・・:ワイルダー論

追悼 ビリー・ワイルダー Wilder is perfect・・・:作品解説

2001年1月下旬新世紀特別号

三谷さんならどうする?:ビリー・ワイルダー訪問記[後編]

2001年1月上旬新年特別号

三谷さんならどうする?:ビリー・ワイルダー訪問記[前編]

2000年11月上旬特別号

ワイルダーならどうする? ビリー・ワイルダーとキャメロン・クロウの対話:最終回

2000年10月下旬号

ワイルダーならどうする? ビリー・ワイルダーとキャメロン・クロウの対話:第3回

2000年10月上旬秋の特別号

ワイルダーならどうする? ビリー・ワイルダーとキャメロン・クロウの対話:第2回

2000年9月下旬号

ワイルダーならどうする? ビリー・ワイルダーとキャメロン・クロウの対話:第1回

1989年4月下旬号

特別企画 ビリー・ワイルダー監督特集:ワイルダーの足跡

特別企画 ビリー・ワイルダー監督特集:フィルモグラフィー

特別企画 ビリー・ワイルダー監督特集:作品論

1975年4月上旬春の特別号

グラビア:ビリー・ワイルダー監督 「フロント・ページ」

〈特別号グラビア特集〉:ビリー・ワイルダー/フィルモ・グラフィ

映画作家ビリー・ワイルダーの綜合的な研究:

分析採録:フロント・ページ

1974年9月上旬号

グラビア:ビリー・ワイルダー監督 「フロント・ページ」

マサトのロス通信:ビリー・ワイルダー監督が映画を撮る時

1974年2月上旬決算特別号

架空シネマテーク:第5回 ビリー・ワイルダー演出は〈一流〉だろうか?

1973年5月下旬号

グラビア:ビリー・ワイルダーのお熱い夜をあなたに

1971年2月下旬号

特別ディスカッション 「シャーロック・ホームズの冒険」とビリー・ワイルダー研究:都筑道夫×田中潤司×中平康×白井佳夫

シナリオ:シャーロック・ホームズの冒険

1971年1月下旬正月特別号

特別グラビア:ビリー・ワイルダー監督/I・A・L・ダイアモンド脚本 「シャーロック・ホームズの冒険」

1958年春の特別号

特集 ビリー・ワイルダー:ビリー・ワイルダー論

特集 ビリー・ワイルダー:ビリー・ワイルダー評伝

特集 ビリー・ワイルダー:ワイルダーの作品を語る

1956年増刊 世界映画監督大鑑

特集グラヴィア 世界第一線監督グラフィック:ビリー・ワイルダー