男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

生田斗真

  • Toma Ikuta
  • 出演
本名
出身地 北海道
生年月日 1984年10月7日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

北海道室蘭市で生まれ、登別市で育つ。1996年、NHK教育の子供番組『天才てれびくん』とジャニーズ事務所のオーディションに同時に合格して芸能界入り。同番組に“てれび戦士”の一員として2年間レギュラー出演したのち、NHK連続テレビ小説『あぐり』97で俳優としてデビューする。同作では、主人公・あぐりの息子で作家の吉行淳之介をモデルにした淳之介役の山田純大の少年期を演じて注目を集めた。以後もジャニーズJr.としての活動と並行して、日本テレビ『LOVE&PEACE』98、『サイコメトラーEIJI Ⅱ』99、TBS『ネバーランド』01、フジテレビ『人にやさしく』02などのテレビドラマに出演する。『Stand by me』97で初舞台を踏んで以降、『スサノオ・神の剣の物語』02、『SHOCK/is Real Shock』03、『エドガーさんは行方不明』『WEST SIDE STORY』04、『あずみ』05・06などの舞台にも精力的に出演し、2000年代はもっぱら舞台中心となってテレビからは遠ざかった。しかし、06年のTBSの深夜ドラマ『アキハバラ@DEEP』の主演、同局『花より男子2(リターンズ)』07の第1話ゲスト出演等を経て、翌07年のフジテレビ『花ざかりの君たちへ・イケメン♂パラダイス』が評判を呼び、再びテレビの第一線で脚光を浴びるようになる。以降は、フジテレビ『ハチミツとクローバー』08、『ヴォイス・命なき者の声』『魔女裁判』09、TBS『魔王』08、『うぬぼれ刑事』10などの連続ドラマに次々と出演する一方で、『Cat in the Red Boots』06、『ヴェローナの二紳士』07、『グリース』08などの舞台に主演。さらに、太宰治の代表作を荒戸源次郎監督が映画化した「人間失格」10で、映画初出演にして初主演をつとめる。自堕落な放蕩生活を送る主人公の葉蔵に扮し、さまざまな相手との濡れ場も披露するなどの熱演を見せ、キネマ旬報賞新人男優賞を受賞。続いて、守屋健太郎監督「シーサイドモーテル」10では怪しいセールスマン役で主演、一青窈の曲をモチーフにした土井裕泰監督「ハナミズキ」10では漁師の青年を演じ、新垣結衣演じる女性との10年間に及ぶ愛を感情豊かに表現した。俳優としての活躍が顕著となった10年にジャニーズJr.から卒業。グループを組まず、かつCDデビューもせずにJr.を卒業するのは異例のことだった。出演舞台はほかに『サド侯爵夫人』『わが友ヒットラー』11など。11年末公開の鶴橋康夫監督「源氏物語・千年の謎」主演に続き、12年公開予定の「僕等がいた」二部作も控える。

キネマ旬報の記事

増刊10月10日号 KINEJUN next vol.09

人気原作×映画の好関係。:「グラスホッパー」 Interview 生田斗真

2013年2月上旬号

FACE:生田斗真

2011年12月下旬号

FACE:生田斗真

2011年2月下旬決算特別号

[個人賞カラーグラビア]:新人男優賞 生田斗真

2010年9月上旬号

FACE:生田斗真

2010年3月上旬号

FACE:生田斗真