男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

柴本幸

  • Shibamoto Yuki
  • 出演
本名
出身地 東京都
生年月日 1983/10/18
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都の生まれ。父は俳優の柴俊夫、母は女優の真野響子、叔母が女優の眞野あずさという芸能一家に育つ。幼い頃から女優に憧れていたが、両親から学業優先と言われて女優の夢を一時封印。小学校から大学までを慶応義塾で一貫して学び、高校時代にはリコーダーを演奏して、2000年の全日本リコーダーコンテスト・高校生独奏の部で金賞を受賞している。慶応義塾大学文学部卒業後の06年から女優の道を歩み始め、同年の渡辺謙作監督「となり町戦争」で女優デビュー。だが、本格的なデビュー作と言えるのは、オーディションによって選ばれた07年のNHK大河ドラマ『風林火山』で演じたヒロイン・由布姫役だろう。武田信玄の側室で、主人公・山本勘介(内野聖陽)が想いを寄せる意志の強い情熱的な姫君を、新人ながら見事に演じきり、その存在は大きく注目された。父親譲りの印象的な太い眉と、目鼻立ちがハッキリとしたその容姿をメディアが放っておくはずはなく、翌08年1月からはフジテレビ『鹿男あをによし』に、玉木宏演じる主人公が惚れる美貌の教師・長岡美栄役でレギュラー出演。同年3月には日本テレビ開局35周年記念ドラマ『東京大空襲』、09年1月にはフジテレビの稲垣吾郎主演『悪魔の手毬唄』で事件の鍵を握る青池里子役で出演した。映画では福澤克雄監督「私は貝になりたい」08に助演したのち、中江裕司監督が沖縄の島を舞台にシェイクスピアの戯曲をモチーフにして描いたラブファンタジー「真夏の夜の夢」09に主演。さらには中野裕之監督が黒澤明監督の「羅生門」50に登場する盗賊・多襄丸を主人公にして描いた異色のアクション時代劇「TAJOMARU」09で、小栗旬扮する多襄丸と恋に落ち、運命の流転を味わうヒロイン・阿古姫役に抜擢された。名門の姫として生まれ、一時は恋する男を裏切ったかに見えながら、実は一途な激情を秘めている女性を体当たりで演じ、これは由布姫以来の適役であった。10年には音楽プロデューサー・小林武史が初監督した「BANDAGE」で、バンドのキーボードを担当するクールな女性・アルミを演じて新生面を披露している。テレビドラマはほかに、TBS『新参者』10、日本テレビ『離婚シンドローム』10、『高校生レストラン』11など。舞台『怪談・牡丹燈籠』09にもヒロイン・お露役で出演している。彼女の役柄に通じるのは、女性の根源的な生命力。その肉体と精神が持つエネルギーに見合う役とめぐりあった時、さらに開花が期待できる。

キネマ旬報の記事