男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

檀れい

  • Dan Rei
  • 出演/出演(声)
本名 山崎まゆみ
出身地 兵庫県美方郡温泉町(現・新温泉町)
生年月日 1971/08/04
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

兵庫県美方郡温泉町(現・新温泉町)の生まれ。本名・山崎まゆみ。幼稚園の頃に学芸会で褒められたことがきっかけで女優に興味を持ち、高校時代にファッション雑誌の読者モデルを経験する。県立浜坂高校卒業後の1990年、宝塚音楽学校に入学。92年に同期40人中40番の成績で卒業すると、78期生として宝塚歌劇団に入団、雪組『この恋は雲の涯まで』で初舞台を踏んだ。その後、月組を経て97年に雪組に異動し、98年の『浅茅が宿』新人公演で初めてヒロインに抜擢され、翌99年より真琴つばさの相手役として月組トップの娘役に就く。2001年に真琴が退団したあとは外部出演等を経て、03年より湖月わたるの相手役として星組のトップ娘役。『王家に捧ぐ歌』のアムネリウス、『花舞う長安』の楊貴妃などを当たり役としたが、05年の『長崎しぐれ坂』をもって宝塚を退団する。退団後の初の大きな仕事は、山田洋次監督「武士の一分」06で演じた、木村拓哉扮する盲目になった武士の妻の役。夫の名誉と家計を支えるために心身を投げ打つ新妻を、生来の美貌が醸し出す新鮮な色香を滲ませて好演し、キネマ旬報賞新人女優賞のほか日本アカデミー賞、毎日映画コンクール、ブルーリボン賞、ゴールデンアロー賞など多くの新人賞を獲得する華々しい映像デビューを飾った。映画2作目の朝原雄三監督「釣りバカ日誌18・ハマちゃんスーさん瀬戸の約束」07では、西田敏行、三國連太郎を相手に物怖じせず寺院の娘を演じる。再び山田洋次と組んだ「母べえ」08は、黒澤明作品のスクリプターとして知られる野上照代のノンフィクション『父へのレクイエム』の映画化で、ヒロイン・吉永小百合の義妹・久子に扮し、戦前の日本女性の立居振舞いを丁寧に演じてみせた。09年の瀬々敬久監督「感染列島」では、ウィルス感染が広まる日本に戻って来て、かつての恋人だった医師とともに感染防止に活躍するWHOの専門家を、松岡錠司監督「スノープリンス・禁じられた恋のメロディ」では、頑固一徹な夫に仕えながらも孤児を可愛がる優しい母親を、それぞれ演じる。テレビドラマはNHK『陽炎の辻/居眠り磐音・江戸双紙』07を皮切りに、TBS『あの戦争はなんだったのか・日米開戦と東条英機』08、『そうか、もう君はいないのか』09、NHK『八日目の蝉』10、フジテレビ『美しい隣人』11などに出演。宝塚退団後の舞台に『智恵子抄』06、『LOVE LETTERS』08、『細雪』08・09などがある。

キネマ旬報の記事

2007年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア 個人賞受賞者インタビュー:新人女優賞 檀れい