男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ジャッキー・チェン

  • Jackie Chan
  • 出演/製作/監督/脚本/製作総指揮
本名 陳港生/房仕龍(家系図上の本名)
出身地 香港
生年月日 1954年4月7日
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

香港生まれ。7歳で全寮制の中国戯劇学院に入学。10年に渡って京劇の基礎を徹底的に学ぶ。厳しい寮生活の中、8歳で映画初出演。やがて実力が認められ、「少林寺木人拳」(76)、「蛇鶴八拳」(77)などクンフー映画に主演するようになる。コメディ要素を取り入れた「スネーキーモンキー 蛇拳」(78)、「ドランクモンキー 酔拳」(78)の大ヒットによりスターの座に就くと、「クレージーモンキー 笑拳」(79)で初監督を務める。以後も続々と主演作が生まれ、「バトルクリーク・ブロー」(80)でアメリカ進出に挑戦。これは失敗に終わったものの、95年の「レッド・ブロンクス」で再進出に成功。クリス・タッカー共演の「ラッシュアワー」(98)がシリーズ化されるなど、世界的スターとなった。

キネマ旬報の記事

2017年12月上旬号

忘れられないスター:第320回 ジャッキー・チェン 子どもたちのためになる映画を作るようになってボクは本当に幸せ

2010年9月上旬号

HOT SHOTS:「ベスト・キッド」ジャッキー・チェン&ジェイデン・スミス一家来日会見

2010年8月下旬号

巻頭特集 JACKY RENAISSANCE ジャッキー・ルネサンス:ジャッキー・チェン「ベスト・キッド」インタビュー

巻頭特集 JACKY RENAISSANCE ジャッキー・ルネサンス:ジャッキー映画再考対談:宇田川幸洋×江戸木純

巻頭特集 JACKY RENAISSANCE ジャッキー・ルネサンス:撮影現場のジャッキーを語る

巻頭特集 JACKY RENAISSANCE ジャッキー・ルネサンス:ハリウッドで活躍する香港映画人

2008年8月下旬号

巻頭特集 ブルース・リー没後35年の今、クンフー映画が熱い!!:第二部 クンフー映画再燃 クンフー映画を継承する男たち/ジャッキー・チェン&ジェット・リー インタビュー(「ドラゴン・キングダム」)

2008年5月下旬号

Kinejun front:ジャッキー・チェン&ジェット・リー新作発表

2007年3月上旬号

作品特集 「相棒 シティ・オブ・バイオレンス」:ジャッキー・チェン、ブルース・リーの子がアジアのアクション映画を担う

2006年3月下旬号

キネ旬チョイス 「THE MYTH/神話」:ジャッキー・チェン&ジャッキー・ガールズ!

2005年3月上旬号

特集 「香港国際警察 NEW POLICE STORY」:ジャッキーと若手俳優

特集 「香港国際警察 NEW POLICE STORY」:ジャッキー・チェン論

2004年11月下旬号

特集 「80デイズ」:ジャッキー・チェン インタビュー

2004年7月上旬号

HOT SHOTS:ジャッキー・チェン

2002年4月上旬号

HOT SHOTS:ジャッキー・チェン

1999年2月下旬決算特別号

HOT SHOTS:ジャッキー・チェン&クリス・タッカー

1997年7月上旬夏の特別号

巻頭特集 それから先の香港映画1997・7・1~:正統的香港映画明星 香港映画を面白くしたこの人 ジャッキー・チェン

1997年臨時増刊 香港電影満漢全席

特別グラビア 歌う銀幕明星:ジャッキー・チェン

第1部 明星名鑑:〈インタビュー〉ジャッキー・チェンの現在と未来

1997年1月上旬新年特別号

特集 ファイナル・プロジェクト:ジャッキー・チェンin U.S.A

1996年11月下旬号

HOT SHOTS:ジャッキー・チェン来日

1995年8月下旬上半期決算号

グラビア <Hot Shots[最新ニュース]> :ジャッキー・チェン

1994年12月下旬号

特集 酔拳2:ジャッキー・チェン 自作を語る

1994年5月下旬号

グラビア 《Talky Talk(News)》 :ジャッキー・チェンの新作!?

1992年3月下旬号

インタビュー THE FACE '92:ジャッキー・チェン

1990年6月下旬号

特集 香港映画は今が、旬!:ジャッキーチェン インタビュー

1985年3月下旬号

特別企画 いま、香港映画がおもしろい:ジャッキー・チェン

1984年3月上旬号

特集 プロジェクトA ジャッキー・チェン監督作品:J・チェンのすべて

1958年9月上旬号

TELEVISION テレビ芸術の可能性 脚本執筆の体験から得たもの:額ぶちの破壊