男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

安田顕

  • Ken Yasuda
  • 出演/監督/脚本
本名
出身地 北海道室蘭市
生年月日 1973/12/08
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

北海道室蘭市の生まれ。北海学園大学経営学部在学中に演劇研究会の先輩・森崎博之の紹介で、鈴井貴之主宰の劇団“OOPARTS”に参加。鈴井が代表をつとめる芸能事務所“CREATIVE OFFICE CUE”に所属して、タレント活動を始める。1996年、演劇研究会の仲間だった大泉洋、戸次重幸らと演劇ユニット“TEAM NACKS”を結成し、大学卒業後の98年には大泉がレギュラーをつとめる北海道テレビのバラエティ『水曜どうでしょう』に、同局のマスコット“onちゃん”のスーツアクターとして出演、見た目に似合わぬ三枚目ぶりが話題となる。2002年、鈴井が初監督した「man-hole」で映画初主演。三輪明日美演じる女子高生と“夢のマンホール”を探す生真面目な巡査役で印象を残し、その後も、鈴井監督の「river」03、「銀のエンゼル」04や、前田哲監督「パコダテ人」02などに出演する。『水曜どうでしょう』のDVD化などを機に全国的に知名度が上がり、TEAM NACKS初の東京公演『LOOSER』04、全国11都市公演『COMPOSER』05も成功させる。先んじて俳優として東京進出した大泉に続き、06年のNHK『次郎長背負い富士』に吉良の仁吉役、大河ドラマ『功名が辻』に宇喜多秀家役で出演。日本テレビ『ハケンの品格』07の如才ない派遣会社の営業マン・一ツ木慎也役、同局『ホタルノヒカリ』07・10の同趣のキャラクターの経理部次長・二ツ木昭司役、NHK連続テレビ小説『瞳』08の面倒見のいい築地のかつおぶし問屋の息子・勇蔵役などで好評を博す。映画は、野口照夫監督「たとえ世界が終わっても」07で、自殺志願のヒロインと偽装結婚をする余命わずかなカメラマンに扮するほか、福田雄一監督「大洗にも星はふるなり」09では、海の家のマドンナとの想い出を語るバイト青年たちを次々に論破する離婚訴訟専門の弁護士を好演する。09年の北海道テレビ制作の単発ドラマ『ミエルヒ』ではドラマ初主演もつとめ、挫折して故郷に帰る報道カメラマンの心の機微を巧みに演じた。ドラマはほかに、TBS『エジソンの母』08、『SPEC/警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿』10、テレビ朝日『コールセンターの恋人』09、フジテレビ『アリアドネの弾丸』11、NHK『塚原卜伝』11など。舞台に『獏のゆりかご』06、『琉球ロマネスク・テンペスト』11などがある。

キネマ旬報の記事

2018年10月上旬号

グラビア特集 「愛しのアイリーン」:インタビュー 安田顕

2016年2月上旬号

FACE:安田顕 「俳優 亀岡拓次」