男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

釈由美子

  • Shaku Yumiko
  • 出演
本名
出身地 東京都清瀬市
生年月日 1978/06/12
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都清瀬市の生まれ。学習院女子短期大学在学中の1997年に、雑誌『週刊ヤングマガジン』の“Missキャンパスグランプリ”に選ばれたのをきっかけに芸能界入り。愛らしい表情とスリムなスタイルで注目を集め、グラビアを中心に活躍する。女優デビューは99年、浅野ゆう子と久本雅美が主演したフジテレビの2時間サスペンス『ツインズな探偵』だった。その後、テレビ朝日『笑ゥせぇるすまん』99、フジテレビ『ショカツ』00などのゲスト出演を経て、2001年のテレビ朝日『生きるための情熱としての殺人』でドラマ初主演。亡き妹に対するトラウマを持つシスターコンプレックスの会社社長から財産を奪い取るフリーター・四条舞衣を演じる。さらに、同じ01年末には佐藤信介監督「修羅雪姫」で映画初出演にして主演デビューも飾った。世界的に活躍する香港のアクションスター、ドニー・イェンがアクション監督をつとめた本作では、刀を使った激しいアクションにも挑戦。それまでの“天然ボケのアイドル”というイメージを払拭する芝居を披露した。02年には手塚昌明監督「ゴジラ×メカゴジラ」に主演。ゴジラと戦って仲間を失った過去にトラウマを持つ特生自衛隊員・家城茜をクールに演じ、自ら“三式機龍”メカゴジラを操縦してゴジラと対決した。03年にはテレビ朝日『スカイハイ』に主演。死者に最後の選択を迫る“怨みの門”の門番・イズコを、培ってきたクールなイメージを活かして好演した。本作は各回の演出陣に中原俊、鶴田法男、篠原哲雄、北村龍平などが顔を揃えた娯楽作で、決め台詞の「お逝きなさい!」もハマって人気を博し、同年11月に北村龍平監督による「スカイハイ ・劇場版」も製作。翌04年には『スカイハイ2』が放送される最大の代表作となった。近年はテレビドラマを中心に活動し、テレビ朝日『7人の女弁護士』07・08、フジテレビ『ヒミツの花園』07、日本テレビ『LOVE GAME』09 に主演。また助演でも、フジテレビ『曲がり角の彼女』05、『薔薇のない花屋』08、『婚カツ!』09、『BOSS』11、日本テレビ『働きマン』07などで多彩な役どころをこなしている。08年には「銀幕版スシ王子!・ニューヨークへ行く」で3年ぶりの映画出演。元外人部隊で寿司屋の用心棒という役で、アクション健在ぶりを印象づけた。

キネマ旬報の記事

2015年7月下旬号

アクション女子、躍動:釈由美子、篠田麻里子、真野恵理菜、清野菜名、水崎綾女、武田梨奈、矢野優花&山谷花純

2003年11月上旬号

FACE2003:釈由美子

2003年5月下旬号

特別企画 がんばれ日本映画!期待の若手女優特集2003:応援メッセージ/池脇千鶴、蒼井優、井川遥、伊藤歩、市川実和子、柴咲コウ、唯野未歩子、小西真奈美、鈴木杏、釈由美子、竹内結子、深田恭子、遠野凪子、矢田亜希子、仲間由紀恵、広末涼子

2002年12月下旬号

特集 「ゴジラ×メカゴジラ」:釈由美子 インタビュー

HOT SHOTS:釈由美子

2001年12月下旬号

HOT SHOTS:釈由美子

2001年7月下旬号

HOT SHOTS:釈由美子(「修羅雪姫」)