男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

藤山直美

  • Fujiyama Naomi
  • 出演
本名 稲垣直子
出身地 大阪府大阪市
生年月日 1958/12/28
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

大阪府大阪市の生まれ。本名・稲垣直子。松竹新喜劇の座長だった名喜劇役者・藤山寛美の三女。1962年、父親と共演したNHKのドラマ『桂春団治』で子役としてデビューする。5歳の頃にミュージカル『見上げてごらん夜の星を』で初舞台を踏み、京都女子高校卒業後は本格的に芝居の道を邁進。90年に父・寛美が没してからは、父親の当たり役を女性に置き換えて演じるなど、親譲りの天性の才能と、自身を客観的に観察できる洞察力とを兼ね備えた稀有な女優として、新喜劇を盛り立てる。テレビドラマも、NHK『なにわの源蔵事件帳』81、『心はいつもラムネ色』84、『純ちゃんの応援歌』88などへの出演を経て、92年、橋田壽賀子の脚本で高視聴率をマークしたNHK連続テレビ小説『おんなは度胸』に出演。老舗旅館に後妻として嫁いできた泉ピン子を徹底的にいびり抜く娘を、嫌味ったらしい中にもユーモアが覗く絶妙のバランス感覚で快演し、一躍、全国区の注目を集める。その後も、廃校間近の母校で子供相手に奮闘する臨時教員役で主演したNHK『この指とまれ!!』95、主人公を映画の世界へと導くムードメーカー的な役どころを好演したNHK『オードリー』00などに出演。2006年の連続テレビ小説『芋たこなんきん』に主演し、田辺聖子がモデルの朝ドラ史上最年長ヒロインとなる花岡町子役で円熟味豊かな芝居により、幅広い年代の視聴者の共感を得る。本格的な映画出演は、阪本順治監督の熱いラブコールを受けて主演した2000年の「顔」から。母親の通夜のあと、折り合いの悪かった実の妹を衝動的に殺め、逃亡を重ねる中で自己を解放していく正子役をリアルに生き、キネマ旬報賞、毎日映画コンクールなど、数々の映画賞で主演女優賞を総なめにした。その後も、共演機会の多い岸部一徳の妻役で踊りのセンスも披露した井筒和幸監督「ゲロッパ!」03などに助演。同じく井筒演出のNHK-BS『朗読紀行にっぽんの名作』の一篇『夫婦善哉』03では、心地よい大阪ことばの語りで織田作之助の原作世界を現出させた。02年の藤山寛美十三回忌追善公演、10年の没後20年公演など後継活動のほか、『夫婦善哉』『浅草パラダイス』『ふるあめりかに袖はぬらさじ』『寝盗られ宗介』『妻をめとらば・晶子と鉄幹』など数々の舞台の代表作を持ち、94年に松尾芸能賞優秀賞、96年に芸術選奨文部大臣賞新人賞、97年に文部大臣芸術選賞奨励賞を受賞している。

キネマ旬報の記事

2001年2月下旬決算特別号

特別カラー・グラビア:主演女優賞 藤山直美

2000年6月下旬号

FACE:藤山直美

1999年5月下旬号

HOT SHOTS:阪本順治+藤山直美「顔」