男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

犬童一心

  • Isshin Inudo
  • 監督/脚本/出演/編集
本名
出身地 東京都
生年月日 1960/06/24
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【しなやかな眼差しで人生と青春を見つめる俊英】東京都生まれ。中学生の頃から学校帰りに名画座に寄り、テレビの演芸番組を楽しむ少年だった。黒沢清や大森一樹の8ミリ作品に触発され自主製作を始める。1979年、高校在学中の短編第1作「気分を変えて?」がPFFに入選。東京造形大学デザイン学科時代には池袋文芸坐の支援企画で自主作品を監督、同大卒業後に朝日プロモーション(現ADKアーツ)に入社する。CMやプロモーションビデオなどの企画・演出を手がけ、CMでの受賞歴は多数。この間も継続して自主製作を続ける。93年、山村浩二のアニメーションと実写を組み合わせた短編「金魚の一生」がキリン・コンテンポラリー・アワード最優秀作品賞を受賞。キリンビールの資金援助を得て95年、大阪を舞台に女性漫才コンビの関係を描く「二人が喋ってる。」を監督し、96年のサンダンス・フィルム・フェスティバルin東京でグランプリ、日本映画監督協会新人賞を獲得したのち、97年に劇場公開される。同作を高く評価した市川準に乞われ、「大阪物語」(99)の脚本を執筆。以後の脚本参加作も多数ある。2000年、池脇千鶴の主演で大島弓子原作の「金髪の草原」を映画化、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭グランプリを受賞した。以降、しばらくはCMやテレビシリーズ『伝説のワニ・ジェイク』(02年に劇場公開)などを手がける。03年、池脇と妻夫木聡主演の「ジョゼと虎と魚たち」がヒットし、劇場映画監督としての活動が本格的になる。「死に花」(04)は東映配給の初メジャー作品。以降、「メゾン・ド・ヒミコ」(05)、「眉山」(07)、「グーグーだって猫である」(08)、「ゼロの焦点」(09)などコンスタントに良質の作品を発表している。【生き方と死を考察する一貫した作風】大林宣彦の系譜を継ぐCM出身監督であり、脈々と続けた自主映画作品の評価が監督デビューにつながった自主映画出身の色が強い。犬童作品の主要人物は、時にはシニカルな毒気を孕みつつ凜とした清潔さを帯びている。社会の激しい変化から外れた者の心象に思いを向ける作風によるものだが、そこにあるのは弱者へのシンパシーではなく、大きな力を必要としない生き方を選ぶ人への憧憬である。それゆえ金魚、犬、猫といった動物も、自分の律に従って生きる者として同格に尊重される。もうひとつの重要なモチーフは死。死者を言葉通り先に行き、生ある人を見守る者と捉える姿勢はしばしばファンタジーの形を取るが、喪失の思いに敏感な描写によって生への励ましに結実する。こうした人生観照スタイルの瑞々しさがインディーズからメジャーへと場を移し、人気俳優の演出機会を増やした。

キネマ旬報の記事

2014年12月上旬号

映画・書評:『創るということ 増補新版』佐々木昭一郎著

2014年10月下旬号

連続ドラマW『グーグーだって猫である』:インタビュー 犬童一心[監督] 連続ドラマでこの作品をやりたかった

2013年5月下旬号

小林信彦のすゝめ:書評『新編 われわれはなぜ映画館にいるのか』

2012年11月上旬号

犬童一心×樋口真嗣[ダブル監督]が語る「のぼうの城」製作ドキュメント:

2011年8月上旬号

映画・書評:『気になる日本語 本音を申せば』 小林信彦著

2011年4月下旬号

新作待機中!2011年下半期、期待の映画監督20人:犬童一心&樋口真嗣「のぼうの城」

2009年11月下旬号

「ゼロの焦点」:犬童一心監督インタビュー

「ゼロの焦点」:松本清張映画化作品の系譜から読み解く犬童版「ゼロの焦点」の独自性

2009年6月下旬号

生誕100年記念 松本清張を今、ふたたび:犬童一心監督作「ゼロの焦点」撮影現場ルポ

2009年1月下旬号

巻頭特集「映画」俳優 妻夫木聡:監督たちが見た妻夫木聡

2008年9月下旬号

特集 「グーグーだって猫である」:犬童一心監督が語る「グーグーだって猫である」と大島弓子の作品世界

2007年7月下旬号

巻頭特集 松山ケンイチ ここからさきへ:特別対談 犬童一心監督×松山ケンイチ

2007年5月下旬号

作品特集 「眉山-びざん-」:犬童一心[監督] インタビュー

2007年4月下旬特別号

巻頭特集 嵐と「黄色い涙」とジェイ・ストーム:犬童一心[監督] インタビュー

2005年9月下旬号

特集 「タッチ」:犬童一心監督 インタビュー

2005年9月上旬号

特集 「メゾン・ド・ヒミコ」:監督 犬童一心研究

2004年5月下旬号

スペシャル対談 あなただから話そう:犬童一心×山崎努(「死に花」)

2000年9月下旬号

新作紹介:犬童一心 インタビュー

1999年4月上旬春の特別号

特集 大阪物語:対談 市川準監督×犬童一心

1997年9月上旬号

特集 二人が喋ってる。:犬童一心監督 インタビュー

1958年10月下旬号

日本映画批評:赤線の灯は消えず