男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

江角マキコ

  • Esumi Makiko
  • 出演
本名 平野真紀子(旧姓・江角)
出身地 島根県出雲市
生年月日 1966/12/18
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

島根県出雲市出身。本名・平野真紀子(旧姓・江角)。島根県立大社高等学校卒業後、1989 年に日本たばこ産業の女子バレーボールチーム(現・JT マーヴェラス)に入団するが、ケガのため引退。その後モデルに転身し、雑誌『oggi』などで活躍。95 年に是枝裕和「幻の光」で女優デビュー。宮本輝の同名小説の映画化で、奥能登を舞台に、身近な人間の死の喪失感から立ち直ってゆく主人公・ゆみ子を演じ、毎日映画コンクール、日本映画批評家大賞、日本アカデミー賞の新人賞を受賞。同年にはTBS『輝け隣太郎』でドラマ初出演。翌96 年、TBS『硝子のかけらたち』、フジテレビ『こんな私に誰がした』出演を経て、97年のフジテレビ『月の輝く夜だから』でドラマ初主演。98年にはフジテレビ『ショムニ!』で落ちこぼれ社員の巣窟・庶務二課を率いる強気なOL・坪井千夏を演じる。この堂々としたキャラクターが人気を呼び、00 年と02 年に2本の続編、同年と00 年、03 年にスペシャルドラマ3本が製作される大ヒットとなる。また本人の飾らない自然体の雰囲気も女性たちに支持され、同98 年にはフジテレビのバラエティ番組『江角マキコの恋愛の科学』で初の司会を担当。その後もフジテレビ『オーバー・タイム』99、『ラブ・レボリューション』01、『マルサ!! /東京国税局査察部』03、TBS『独身生活』99、『それは、突然、嵐のように…』04など主演ドラマが相次ぎ、人気が定着した。01 年には鈴木清順監督の10 年ぶりの長編映画となる「ピストルオペラ」に出演。和服にブーツ姿の殺し屋“ 野良猫“ をスタイリッシュに演じる。02 年には篠原哲雄監督の「命」で主演。柳美里の自伝的小説の映画化で、妻帯者の子供を身ごもる女流作家を熱演した。ほか04 年「釣りバカ日誌15・ハマちゃんに明日はない!?」にも出演している。私生活では96 年、写真家の桐島ローランドと結婚したが、9 カ月後に離婚。03 年にフジテレビのディレクター・平野眞と再婚。05 年の長女出産に伴う休業を経て(09 年に長男を出産)、06 年のNHK『マチベン』主演、次いでTBS『トリプル・キッチン』で女優復帰。07 年には映画「蟲師」、TBS のドラマ『地獄の沙汰もヨメ次第』に出演。バラエティではフジテレビ『グータンヌーボ』、テレビ朝日『笑顔がごちそう・ウチゴハン』の司会や、日本テレビ『ぐるぐるナインティナイン』にもレギュラー出演している。

キネマ旬報の記事

2007年3月下旬特別号

巻頭特集 「蟲師」:記録 3 江角マキコ

2002年9月下旬号

FACE2002:江角マキコ

2001年11月下旬号

FACE2001:江角マキコ

1996年5月下旬特別号

巻頭特集 がんばれ!日本映画 スクリーンを彩る若手女優たち:江角マキコ

1995年12月下旬特別号

幻の光:江角マキコ インタビュー