男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

小沢和義

  • Kazuyoshi Ozawa
  • 出演/監督/脚本
本名
出身地 東京都中野区
生年月日 1964/12/23
没年月日

関連作を買う

関連作を買う

略歴

東京都中野区の生まれ。2歳上の兄は俳優・映画監督の小沢仁志。ダンスの世界から演劇に移行し、数々の小劇場の舞台出演を経て、1985年の大林宣彦監督「姉妹坂」で映画初出演。以後、アクの強い二枚目的な風貌を活かして、山田大樹監督「湘南爆走族」87、和泉聖治監督「恋子の毎日」88、北野武監督「その男、凶暴につき」89、大川俊道監督「NOBODY」94などの映画や『キリング・エンジェル/夢犯』95など多数のOVに出演し、着実にキャリアを重ねていく。95年、兄の仁志が製作・主演した室賀厚監督のハードアクション「SCORE」に出演したのを機に大きく飛躍。以後も「SCORE2/THE BIG FIGHT」98、「太陽が弾ける日」07、「女子高生ゾンビ」10など兄との共演作も多いが、中でも2007年のテレビ東京『エリートヤンキー三郎』では、長男・仁志、次男・和義の大河内ヤンキー兄弟役でお互い30代にしてガクラン姿も披露し、映画版の「激情版エリートヤンキー三郎」09でもユニークに怪演した。97年のOV『DOG TAG』で監督としてもデビュー。第2作「SLANG/黄犬群」98は劇場公開もされ、その後もBS-i(現・BS-TBS)のショートドラマ『スパイ道』の1エピソード『LIP OF SPY』07の監督をつとめた。近年もOVの主流である任俠ものやアクション、インディーズ映画を中心に活躍し、「ヒッチハイク/溺れる箱舟」04、「DV/ドメスティック・バイオレンス」05では脚本も兼任。テレビドラマの出演作に、テレビ朝日『生きるための情熱としての殺人』01、『特命係長・只野仁/スペシャル』08、『仮面ライダーW』10、NHK大河ドラマ『新選組!』04、フジテレビ『愛のソレア』04など多数がある。

キネマ旬報の記事

2014年11月上旬号

ヤクザ、アクション、ギャンブル、エロス!!! 俺たちの好きなVシネマ:対談 小沢仁志×小沢和義

1997年11月下旬号

ビデオ・LDガーデン:「DOG TAG」小沢和義インタビュー

1995年12月下旬特別号

ビデオ:SCORE TIMES