男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

山本嘉次郎

  • Kajiro Yamamoto
  • 脚本/監督/製作/原作
本名
出身地 東京京橋妥女町
生年月日 1902/03/15
没年月日 1974/09/21

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【都会的なダンディズムで東宝草創期を支えた名監督】東京都生まれ。幼稚舎から大学まで生粋の慶應ボーイで、幼少時から新劇、映画、オペラに熱中する。21年「真夏の夜の夢」で岡田嘉子と共演し、俳優としてデビュー。翌年無名俳優協会を設立し、「ある日の熊さん」に主演する。この作品を森岩雄の中央映画社が配給、これ以降、森岩雄とは日活、P.C.L、東宝と生涯にわたる長い交友関係が生まれた。関東大震災後に、関西で映画人が結成した早川プロダクションに入り、岡田時彦主演の「熱火の十字球」(24)で監督デビューを果した。26年森岩雄の招聘により日活大将軍撮影所脚本部強化のため、京都で脚本家として活躍。33年、森岩雄の誘いでP.C.Lに入社。第一作は「エノケンの青春酔虎伝」(34)で、以後、エノケンとの名コンビで数多くのミュージカル・コメディを監督する。とくに「エノケンのどんぐり頓兵衛」(35)は、粋で、ダンディな都会派感覚とエノケンの体技を活かした音楽ギャグが融合し、日本の喜劇映画史上、屈指の傑作となった。戯作者精神あふれるユーモアは、「坊ちゃん」(35)、「吾輩は猫である」(36)などの文芸作でも遺憾なく発揮されている。【セミ・ドキュメンタリー、特撮映画の先駆者】メロドラマの分野でも、「良人の貞操」(37)、「藤十郎の恋」(38)などのヒット作を続々と放った。その豊かな才能をセミ・ドキュメンタリーのジャンルでも発揮、「綴方教室」(38)は天才子役・高峰秀子の勝気さ、ぐうたらな父親を演じた徳川夢声の渋い名演が絶賛され、高峰が純朴な農村の少女に扮した大作「馬」(41)も大ヒットした。戦時下では、海軍の命令により監督した真珠湾攻撃一周年を記念する大作「ハワイ・マレー沖海戦」(42)や、ビルマにおける勇戦を讃えた「加藤隼戦闘隊」(44)などの戦意高揚映画が注目された。戦後は、46年、東宝が三次にわたる大争議に突入したため、48年撮影所の外での自由な映画作りを標榜し、プロデューサーの本木荘二郎や愛弟子の黒澤明、谷口千吉と映画芸術協会を設立した。各社と提携し、「風の子」「春の戯れ」(49)を撮る。56年の「マナスルに立つ・標高八一二五米」は、ドキュメンタリーに対する関心の強さを印象づけた。64年小林桂樹主演の「天才詐欺師物語 狸の花道」に始まる「狸」シリーズはベテランらしいサイレント喜劇のセンスが脈打ち、健在ぶりを見せた。67年からは第一線を退き、以後、東宝芸能アカデミーの主事を務め、後進の育成に努めた。その門下からは黒澤、谷口のほか本多猪四郎、小田基義、関川秀雄、丸山誠治らが育っている。また、軽妙洒脱なエッセイストとしても知られており、『カツドウヤ紳士録』『カツドウヤ人類学』『カツドウヤ水路』の三部作は、個性豊かな映画人たちのエピソードで綴られた名著として名高い。

キネマ旬報の記事

2011年4月上旬号

追悼特集 ありがとう、高峰秀子さん:映画作家と高峰秀子 山本嘉次郎、成瀬巳喜男、木下惠介

1974年12月上旬号

映画監督・山本嘉次郎:

1973年7月下旬号

グラビア:叙勲を受けた山本嘉次郎・飯田心美・佐伯孝夫氏を祝う会

1970年2月下旬号

榎本健一追悼:

1965年11月下旬号

なくて七癖:28 山本嘉次郎の巻

1965年10月下旬号

秋の映画書特集 批評と紹介:カツドウヤ水路

1965年8月上旬号

シナリオ:狸の大将

1963年12月上・下旬合併号

カツドウヤ水路:東宝争議 最終回

1963年11月下旬号

カツドウヤ水路:45 東宝大争議 3

1963年11月上旬号

カツドウヤ水路:44 東宝争議 2

1963年10月下旬号

カツドウヤ水路:43 東宝争議

1963年10月上旬秋の特別号

カツドウヤ水路:42 終戦雑記 2

1963年9月下旬号

カツドウヤ水路:41 終戦雑記

1963年9月上旬号

カツドウヤ水路:40 終戦

1963年8月下旬号

カツドウヤ水路:39 戦争とカツドウヤ 6 終戦

1963年8月上旬号

カツドウヤ水路:38 戦争とカツドウヤ 5

1963年7月下旬号

カツドウヤ水路:37 戦争とカツドウヤ 4 物資の不足

1963年7月上旬創刊45周年記念特別号

カツドウヤ水路:36 戦争とカツドウヤ 3

1963年6月下旬号

カツドウヤ水路:35 戦争とカツドウヤ 2

1963年6月上旬号

カツドウヤ水路:34 戦争とカツドウヤ 1

1963年5月下旬号

カツドウヤ水路:33 「ハワイ・マレー沖海戦」6

1963年5月上旬号

カツドウヤ水路:32 「ハワイ・マレー沖海戦」5

1963年4月号増刊 黒沢明<その作品と顔>

番外カツドウヤ水路 黒沢君の洋服:

1963年4月下旬号

特写グラビア:ある日の・・・ 山本嘉次郎

カツドウヤ水路:31 「ハワイ・マレー沖海戦」4

1963年4月上旬春の特別号

カツドウヤ水路:30 「ハワイ・マレー沖海戦」3

1963年3月下旬号

カツドウヤ水路:29 「ハワイ・マレー沖戦」2

1963年3月上旬増大号

カツドウヤ水路:28 「ハワイ・マレー沖海戦」

1963年2月下旬号

カツドウヤ水路:27 「美しき鷹」

1963年2月上旬決算特別号

カツドウヤ水路:26 「馬」その3

1963年1月下旬正月特別号

カツドウヤ水路:24 「馬」その2

1963年1月上旬新年特別号

カツドウヤ水路:24 「馬」

1962年12月下旬号

水路・分路:「カツドウヤ水路」の一年

1962年12月上旬号

カツドウヤ水路:23 東宝誕生

1962年11月下旬号

カツドウヤ水路:22 砧祭

1962年11月上旬号

カツドウヤ水路:21 P・C・L 3

特集 30年を迎えた東宝:座談会 砧村から世界の東宝へ 30年の思い出を語る 渋沢秀雄×長谷川一夫×高峰秀子×森岩雄×山本嘉次郎

1962年10月下旬号

カツドウヤ水路:20 P・C・L 2

1962年10月上旬秋の特別号

カツドウヤ水路:19 P・C・L初期

1962年9月下旬号

カツドウヤ水路:18 P・C・Lへ

1962年9月上旬号

カツドウヤ水路:17 大争議以後

1962年8月下旬号

カツドウヤ水路:16 太秦撮影所(2)

1962年8月上旬号

カツドウヤ水路:15 太秦撮影所 2

1962年7月下旬号

カツドウヤ水路:14 太秦時代

1962年7月上旬夏の特別号

カツドウヤ水路:13 小林正 その2

1962年6月下旬号

カツドウヤ水路:12 小林正(まさし) (ハチ公伝)

1962年6月上旬号

カツドウヤ水路:11 大将軍撮影所

1962年5月下旬号

カツドウヤ水路:10 金曜会

1962年5月上旬号

カツドウヤ水路:9 東亜キネマ

1962年4月下旬号

カツドウヤ水路:8 籠の鳥

1962年4月上旬春の特別号

カツドウヤ水路:7 東京脱出

1962年3月下旬号

カツドウヤ水路:6 ハマの五人男(3)

1962年3月上旬号

カツドウヤ水路:5 ハマの五人男(2)

1962年2月下旬号

カツドウヤ水路:4 ハマの五人男(1)

1962年2月上旬ベスト・テン決算総特集号

カツドウヤ水路:3 近藤伊與吉

1962年1月下旬正月特別号

カツドウヤ水路:2 向島撮影所-哀しき助監督(2)

1962年1月上旬新年特別号

カツドウヤ水路:1 向島撮影所-哀しき助監督(1)

1961年7月臨時増刊 最新西部劇特集

ウェスタン随想:思い出の西部劇

1961年2月下旬号

古川緑波氏を悼む:

1960年12月増刊号 日本映画監督特集

作家掌論:山本嘉次郎

1960年8月下旬号

特集 八月十五日の日本映画 あの日わたしはこうしていた 映画人四十余氏の記録:デコと原子爆弾

1960年6月下旬号

映画人と家庭:山本嘉次郎

1957年春の特別号

特別口絵 映画のファクター:映画監督協会

1956年10月下旬号

標高8125米「マナスルに立つ」製作者座談会:山本嘉次郎×依田孝喜×竹節作太×日下田実×新田次郎×飯田心美

1955年増刊 日本映画大鑑 映画人篇

監督寸描:山本嘉次郎

1955年2月下旬号

シネラマ見たままの記:

1953年5月下旬号

特集グラフィック 映画人クロースアップ:山本嘉次郎

1951年6月下旬号

本田猪四郎を語る:山本嘉次郎×谷口千吉×黒澤明