男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

谷口千吉

  • ----
  • 監督/脚本/製作
本名
出身地 東京都江東区
生年月日 1912/02/19
没年月日 2007/10/29

関連作を買う

関連作を買う

略歴

【ダイナミックなアクション映画の鬼才】東京都生まれ。11人兄弟の末っ子。府立第四中学から早稲田大学英文科に進む。千田是也、東野英治郎、小沢栄太郎らがいた“左翼劇場”に入り新劇の演出家を目指す。1930年、学生運動弾圧で大学を中退、33年P.C.Lに入社。同期に亀井文夫、本多猪四郎がいた。谷口は、主に黒澤明とともに山本嘉次郎につく。やがてP.C.Lは東宝と合併し、戦争をはさんだ46年「東宝ショウボート」(一種の顔見世バラエティ)の後に、「銀嶺の果て」(47)で監督に本格的デビュー。北アルプスの山小屋に逃げ込んだ強盗と、そこに住む老人と孫娘との交流を描く。スリルとアクションにあふれた娯楽作として高い評価を得た。続いて47年に、再び黒澤明脚本により「ジャコ万と鉄」を撮る。北海道のニシン漁場を舞台に男の世界をダイナミックに描いたもので、“ジャコ万”に月形龍之介、“鉄”には三船敏郎が扮した。そして翌50年には「暁の脱走」を撮る。池部良と山口淑子の共演で描く戦時中の悲劇で、軍国主義の悪を指弾した反戦映画である。以上の3作品で谷口はダイナミズムとロマンチシズムを併せ持った新進監督として、また当時、急激に頭角を現した黒澤のライバルとしても期待された。【豪快なアクション映画を連作】しかし、以降は様々な企画を取り上げながら一進一退が続く。54年、三島由紀夫原作「潮騒」を監督。南の小さな島を舞台に若い男女の情熱的な恋愛が、のびやかなロマンチシズムで描かれる。62年には“独立愚連隊”シリーズを引き継ぎ、中国大陸を舞台に対日ゲリラと戦う日本兵を描く「やま猫作戦」を、そして翌63年には「独立機関銃隊未だ射撃中」を、谷口の持ち味である豪快なアクションで描き出した。以降は、三船敏郎主演のアクションもの「大盗賊」(63)、「奇巌城の冒険」(66)、三橋達也のスパイ・アクション・シリーズ“国際秘密警察”の「同・鍵の鍵」(65)、「同・絶体絶命」(67)、洒落た詐欺師もの「カモとねぎ」(68)と娯楽色たっぷりの作品を作った。71年には大阪万博の記録映画「日本万国博」を3時間の長尺で総監督として製作。そして自ら谷口プロを作り、東アフリカのタンザニアで活躍する日本青年海外協力隊の活躍を描いた「アサンテ・サーナ」(75)を撮り、結果的にこれが遺作となった。脚本家の水木洋子、女優の若山セツ子と結婚、離婚したのち、57年7月に女優の八千草薫と結婚した。

キネマ旬報の記事

2007年12月下旬号

追悼 谷口千吉監督:

1998年10月下旬秋の特別号

巻頭特集 追悼 黒澤明:追想・黒澤明 山田五十鈴、仲代達矢、山崎努、松村達雄、三橋達也、香川京子、原田美枝子、谷口千吉、佐藤勝、松江陽一、橋本忍、原正人、野上照代

1995年12月下旬特別号

ビデオ:映画とビデオの相互関係・谷口千吉

1994年12月上旬号

ビデオ:LDで甦る「奇厳城の冒険」谷口千吉インタビュー他

1965年6月上旬号

第一線監督はいまこう考える:近況報告特集

1960年12月増刊号 日本映画監督特集

作家掌論:谷口千吉

1960年4月下旬号

映画人と家庭:谷口千吉

1956年臨時増刊号 戦後十年傑作シナリオ集

「戦後十年傑作シナリオ集」新東宝映画 1950年作品:暁の脱走 

1956年増刊 名作シナリオ集

東宝映画:不良少年

1956年3月上旬号

シナリオ:妻こそ我が生命

作者の言葉:

1954年1月下旬号

特集グラフィック 映画人クロースアップ:谷口千吉

1951年6月下旬号

新鋭監督座談會 ざっくばらんな話:鈴木英夫×杉江敏男×川島雄三×谷口千吉

本田猪四郎を語る:山本嘉次郎×谷口千吉×黒澤明