男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

エドガルド・モルターラ ある少年の数奇な運命

  • えどがるどもるたーらあるしょうねんのすうきなうんめい
  • Rapito
  • Kidnapped
  • 平均評点

    73.6点(70人)

  • 観たひと

    91

  • 観たいひと

    17

  • レビューの数

    21

基本情報

ジャンル 社会派 / ドラマ
製作国 イタリア=フランス=ドイツ
製作年 2023
公開年月日 2024/4/26
上映時間 134分
製作会社 IBC movie=Kavac Film=Rai Cinema=Ad Vitam=The Match Factory
配給 ファインフィルムズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)IBC MOVIE / KAVAC FILM / AD VITAM PRODUCTION / MATCH FACTORY PRODUCTIONS (2023)

場面

予告編


     

解説

マルコ・ベロッキオが“エドガルド・モルターラ誘拐事件”の史実に迫った衝撃作。1858年、ボローニャのユダヤ人街。教皇が派遣した兵士たちがモルターラ家に押し入り、7歳の息子エドガルドを連れ去る。両親は必死にエドガルドを取り戻そうとするが……。出演は「シチリアーノ 裏切りの美学」のファウスト・ルッソ・アレジ、「きっと大丈夫」のバルバラ・ロンキ。

あらすじ

1858年。ボローニャのユダヤ人街で、教皇から派遣された兵士たちがモルターラ家に押し入る。枢機卿の命令で、何者かに洗礼を受けたとされる7歳になる息子エドガルド(エネア・サラ)を連れ去りに来たのだ。取り乱したエドガルドの両親は、息子を取り戻すため、あらゆる手を尽くす。世論と国際的なユダヤ人社会に支えられ、モルターラ夫妻の闘いは急速に政治的な局面を迎える。しかし、教会とローマ教皇は、ますます揺らぎつつある権力を強化するため、決してエドガルドの返還に応じようとせず……。

関連するキネマ旬報の記事

2024年5月号

REVIEW 日本映画&外国映画:「エドガルド・モルターラ ある少年の数奇な運命」

UPCOMING 新作紹介:「エドガルド・モルターラ ある少年の数奇な運命」

2024年2月号

巻頭特集 2024年映画の旅:Chapter3 期待作をレビュー&プレビュー マルコ・ベロッキオ監督「エドガルド・モルターラ ある少年の数奇な運命」