男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

リトル・エッラ

  • りとるえっら
  • LILL-ZLATAN OCH MORBROR RARING
  • MINI-ZLATAN AND UNCLE DARLING
  • 平均評点

    69.1点(16人)

  • 観たひと

    22

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    3

基本情報

ジャンル コメディ / ファミリー / ドラマ
製作国 スウェーデン=ノルウェー
製作年 2022
公開年月日 2024/4/5
上映時間 81分
製作会社 Snowcloud Films=Filmbin=Sveriges Televison=Filminvest=Saperi Film=Viking Film
配給 カルチュアルライフ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2022 Snowcloud Films AB & Filmbin AS

場面

予告編


     

解説

スウェーデン出身の作家ピア・リンデンバウムによる絵本を原作に「ロスバンド」のクリスティアン・ローが映画化。人付き合いが苦手なエッラが唯一仲良くできるのは、おじさんのトミーだけ。両親が休暇で出かける間、エッラはトミーとの時間を楽しみにしていたが……。主人公エッラを演じるのは本作で長編デビューを飾るアグネス・コリアンデル。

あらすじ

人と仲良くすることが苦手なエッラ(アグネス・コリアンデル)が唯一仲良くできるのは、おじさんで“永遠の親友”であるトミー(シーモン・J・ベリエル)だけ。両親が休暇で出かけている間、トミーと過ごす時間を楽しみにしていたエッラだったが、夢の1週間は悪夢へと変わってしまう。オランダからトミーの恋人スティーブ(ティボール・ルーカス)がやってきたのだ。トミーとスティーブは英語で話すため、エッラは2人が何を話しているのか全く分からない。のけ者にされたような気分になり、トミーを取られるのではないかと気が気でないエッラ。そんななか、トミーを取り戻したいエッラは、彼女と友達になりたがっている転校生のオットー(ダニヤ・ゼイダニオグル)の協力を得ながら、スティーブを追い出す作戦を実行するが……。

関連するキネマ旬報の記事

2024年5月号

REVIEW 日本映画&外国映画:「リトル・エッラ」

2024年4月号

UPCOMING新作紹介:「リトル・エッラ」

次世代への映画推薦委員会 今月の推薦作品:「リトル・エッラ」