男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

私がやりました

  • わたしがやりました
  • MON CRIME
  • THE CRIME IS MINE
  • 平均評点

    73.5点(129人)

  • 観たひと

    196

  • 観たいひと

    25

  • レビューの数

    35

基本情報

ジャンル コメディ / サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 フランス
製作年 2023
公開年月日 2023/11/3
上映時間 103分
製作会社 Mandarin & Compagnie (ex-Mandarin Production)=FOZ=Gaumont=Playtime=France 2 Cinema=SCOPE Pictures
配給 ギャガ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

出演ナディア・テレスキウィッツ Madeleine Verdier
レベッカ・マルデール Pauline Mauléon
イザベル・ユペール Odette Chaumette
ファブリス・ルキーニ Le juge Gustave Rabusset
ダニー・ブーン Fernand Palmarede
アンドレ・デュソリエ M. Bonnard

(C)2023 MANDARIN & COMPAGNIE - FOZ - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA - SCOPE PICTURES - PLAYTIME PRODUCTION

場面

予告編


     

解説

「苦い涙」のフランソワ・オゾン監督によるミステリー。プロデューサー殺害容疑をかけられた新人女優マドレーヌは、親友の弁護士の指示で正当防衛を訴え聴衆の心を掴み、無罪に。一躍時の人となるが、往年の大女優オデットが真犯人は自分だと言い出し……。ジョルジュ・ベルとルイ・ヴェルヌイユによる1934年の戯曲『Mon crime』を翻案。売れない女優マドレーヌを「フォーエヴァー・ヤング」で2022年第48回セザール賞有望若手女優賞を獲得したナディア・テレスキウィッツが、マドレーヌと正反対の性格の駆け出し弁護士ポーリーヌを「シモーヌ フランスに最も愛された政治家」のレベッカ・マルデールが、二人の前に立ちはだかるオデットをオゾン監督作「8人の女たち」にも出演したイザベル・ユペールが演じる。

あらすじ

1930年代、パリ。映画プロデューサーとして名高い男が自宅で殺害され、売れない新人女優マドレーヌ(ナディア・テレスキウィッツ)に殺人の容疑がかけられた。マドレーヌは、プロデューサーに襲われ、自分の身を守るために撃ったと自供。親友で駆け出しの弁護士であるポーリーヌ(レベッカ・マルデール)はマドレーヌに台本を用意し、正当防衛を主張するよう指示した。法廷に立ったポーリーヌはその演技力と美貌を活かして人々の心を揺さぶる陳述を披露し、裁判官や大衆の心をつかみ、見事無罪を勝ち取る。そしてマドレーヌは悲劇のヒロインとして一躍時の人となり、大スターへの階段を駆け上がっていった。そんなある日、二人の前に往年の大女優オデット(イザベル・ユペール)が現れ、プロデューサー殺しの真犯人はオデットであり、マドレーヌたちが手に入れた富も名声も自分のものだと主張。彼女たちは犯人の座を賭け、駆け引きを繰り広げ……。

関連するキネマ旬報の記事

2023年12月号

REVIEW 日本映画&外国映画:「私がやりました」

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.53 京本大我 ミュージカル『シェルブールの雨傘』

IN THE MOOD FOR CINEMA:殺人事件コメディでビターに笑う 「私がやりました」

2023年11月号

巻頭特集 映画について語るたのしみ:After Talk 映画を読むのもおもしろい! 「私がやりました」

UPCOMING新作紹介:「私がやりました」

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.52 二宮和也 「アナログ」

ESSAY ひたすら楽しい! この時間よ、終わるな!:フランソワ・オゾン[監督] 「私がやりました」