男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

バッド・デイ・ドライブ

  • ばっどでいどらいぶ
  • RETRIBUTION
  • RETRIBUTION
  • 平均評点

    65.2点(55人)

  • 観たひと

    80

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    15

基本情報

ジャンル アクション / ドラマ
製作国 イギリス=アメリカ=フランス
製作年 2023
公開年月日 2023/12/1
上映時間 91分
製作会社 The Picture Company=Ombra Films=TF1 Films Production=Studio Babelsberg=Studiocanal Film
配給 キノフィルムズ(提供:木下グループ)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2022 STUDIOCANAL SAS – TF1 FILMS PRODUCTION SAS, ALL RIGHTS RESERVED.

場面

予告編


     

解説

「96時間」シリーズのリーアム・ニーソン主演のサスペンス。子供たちを学校に送るため車に乗り込んだマットに着信があり、その車に爆弾を仕掛けたと告げられる。犯人の正体も目的も不明のまま運転を続けるなか、マットは容疑者として警察から追われる身に。出演は、「リトル・マーメイド」のノーマ・ドゥメズウェニ、「ワンダーウーマン1984」のリリー・アスペル、「アバター ウェイ・オブ・ウォーター」のジャック・チャンピオン。また、妻ヘザー役を、ニーソンとは「シンドラーのリスト」以来30年振りの共演となるエンベス・デイヴィッツが演じている。監督は、「プレデターズ」のニムロッド・アーントル。

あらすじ

いつもと変わらないベルリンの朝。金融ビジネスマンのマット(リーアム・ニーソン)は、息子ジャック(ジャック・チャンピオン)と娘エミリー(リリー・アスペル)を学校に送り届けるため、新車に乗り込む。運転を始めると着信があり、「その車に爆弾を仕掛けた。降りてはいけない。通報してもいけない。これから伝える指示に従わなければ爆破する」と告げられる。犯人の正体や要求、目的も分からないまま、マットは運転を続ける。しかし、行く先では同様に爆弾を仕掛けられた車が次々と爆破されていき、その被害者はマットの同僚だった。怯える子供たちを乗せたまま、マットはユーロポールとマスコミから容疑者として追われる。さらに、妻ヘザー(エンベス・デイヴィッツ)が離婚弁護士の元にいるという報せが入る。果たしてマットは犯人を突き止め、爆破を阻止し、家庭崩壊を防ぐことができるのか?

関連するキネマ旬報の記事

2023年12月号

REVIEW 日本映画&外国映画:「バッド・デイ・ドライブ」

UPCOMING新作紹介:「バッド・デイ・ドライブ」