男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ロジャー・ラビット

  • ろじゃーらびっと
  • Who Framed Roger Rabbit
  • Who Framed Roger Rabbit

amazon


  • VODで観る

  • 平均評点

    68.8点(214人)

  • 観たひと

    462

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    21

基本情報

ジャンル アニメーション / コメディ / ファミリー
製作国 アメリカ
製作年 1988
公開年月日 1988/12/3
上映時間 104分
製作会社 タッチストーン/アンブリン作品
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

解説

アニメーションの登場人物の住む町・トゥーンタウンを守るため立ち上がった町の人気キャラクター・ロジャーと人間である探偵エディの活躍を、実写とアニメーションの合成で描いてゆく。エグゼクティヴ・プロデューサーはスティーヴン・スピルバーグとキャスリーン・ケネディ、製作はロバート・ワッツとフランク・マーシャル、監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のロバート・ゼメキス、アニメーション監督はリチャード・ウィリアムス、ゲーリー・K・ウルフの原作を基にジェフリー・プライスとピーター・シーマンが脚本、撮影はディーン・カンディ、音楽はアラン・シルヴェストリが担当。出演はボブ・ホスキンス、クリストファー・ロイド、声の出演はチャールズ・フライシャー、キャスリーン・ターナーほか。

あらすじ

時は1947年のハリウッド。ロサンゼルスの東部のどこかにアニメーションの登場人物の住む町トゥーンタウンがあった。この町の人気者ロジャー(声=チャールズ・フライシャー)はある仕事に失敗し、ぼんやりして仕事に身の入らない状態になってきた。心配した社長のマルーン(アラン・ティルヴァーン)は、探偵のエディ・ヴァリアント(ボブ・ホスキンス)を雇い、ロジャーの妻で官能釣なジェシカ(声=キャスリーン・ターナー/エイミー・アーヴィング)を尾行させる。彼はインク・アンド・ペイント・クラブに行き、ジェシカと彼女の愛人だという噂のマーヴィン・アクメ(スタッビー・ケイ)の2人の信用をおとすような写真を撮る。ところがそのマーヴィンが何者かによって殺されてしまい、ロジャーが第1容疑者にされてしまう。ロジャーはエディに助けを求め、事のなりゆきから彼もロジャーをかくまわざるを得なくなり、エディの恋人ドロレス(ジョアンナ・キャシディ)も彼に力を貸すが、ドゥーム判事(クリストファー・ロイド)の悪意の追求は甘くなかった。トゥーンを殺すためのテレピン油と薬品を混ぜた液体を武器に確実に迫ってきていた。逃げる2人も事件がもっと複雑になっていることに気づき、ついに彼らの陰謀に巻き込まれトゥーンタウンを守るための人質になってしまうのだった…。

関連するキネマ旬報の記事

1989年12月下旬号

VIDEO:スポット・ライト 「ロジャー・ラビット」

1989年2月下旬決算特別号

外国映画紹介:ロジャー・ラビット

1989年1月下旬号

外国映画批評:ロジャー・ラビット

1988年11月下旬号

グラビア:ロジャー・ラビット

特集 ロジャー・ラビット:評論

特集 ロジャー・ラビット:スタッフ インタビュー

特集 ロジャー・ラビット:アニメと実写の合成映画

1988年9月下旬号

「ロジャー・ラビット」の魅力:

1988年9月上旬号

スペシャル・セレクション:ロジャー・ラビット