男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ヨーロッパ新世紀

  • よーろっぱしんせいき
  • R.M.N.
  • R.M.N.
  • 平均評点

    75.1点(47人)

  • 観たひと

    71

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    15

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 ルーマニア=フランス=ベルギー
製作年 2022
公開年月日 2023/10/14
上映時間 127分
製作会社 Mobra Films=Why Not Productions=France 3 Cinema=Filmgate Films=Film i Vast=Les Films du Fleuve=
配給 活弁シネマ倶楽部=インターフィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)Mobra Films-Why Not Productions-FilmGate Films-Film I Vest-France 3 Cinema 2022

場面

予告編


     

解説

「エリザのために」のクリスティアン・ムンジウ監督が、分断された世界の危うい現状を炙り出す問題作。出稼ぎから帰って来たマティアス。だが妻との関係は冷めきっており、元恋人シーラに心の安らぎを求める。そんななか、村の些細な対立が深刻な紛争へと発展し……。出演は、ルーマニアの中堅俳優マリン・グリゴーレ、Netflix『雪の峰』のユディット・スターテ。

あらすじ

ルーマニア・トランシルヴァニア地方の村。出稼ぎ先のドイツで暴力沙汰を起こし、この地に舞い戻って来たマティアス(マリン・グリゴーレ)。だが妻との関係は冷めきっており、森でのある事をきっかけに話すことができなくなった幼い息子ルディ、そして病気で衰弱した高齢の父への接し方にも戸惑うばかり。やがて、マティアスは元恋人のシーラ(ユディット・スターテ)に心の安らぎを求めるようになる。そんなある日、シーラが責任者を務める地元のパン工場が、アジアからの外国人労働者を迎え入れる。それをきっかけに、よそ者を異端視した村人たちとの間に不穏な空気が流れ出す。その些細な諍いは村全体を揺るがす激しい対立へと発展。マティアスやその家族、シーラの人生をも一変させてゆく……。

関連するキネマ旬報の記事

2023年11月号

巻頭特集 映画について語るたのしみ:After Talk 映画を読むのもおもしろい! 「ヨーロッパ新世紀」

2023年10月号

UPCOMING 新作紹介:「ヨーロッパ新世紀」