男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ルー、パリで生まれた猫

  • るーぱりでうまれたねこ
  • MON CHAT ET MOI, LA GRANDE AVENTURE DE RROÛ
  • A CAT'S LIFE
  • 平均評点

    58.1点(25人)

  • 観たひと

    39

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル ヒューマン / ファミリー / ドラマ
製作国 フランス=スイス
製作年 2023
公開年月日 2023/9/29
上映時間 83分
製作会社 MC4=Orange Studio=JMH & FILO Films
配給 ギャガ
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2023 MC4-ORANGE STUDIO-JMH & FILO Films

場面

予告編


     

解説

3人に1人が猫を飼うという愛猫家が多いフランスのパリを舞台に、10歳の少女とキジトラの猫との絆を描いた心温まるヒューマンドラマ。両親の不仲に悩む少女クレムは、好奇心いっぱいの子猫のルーと出会ったことで、次第につらい現実を乗り越え、大人への階段を上っていく。クレムを演じるのは本作が初主演となるキャプシーヌ・サンソン=ファブレス。監督・共同脚本は「人間の俳優を捉えるように動物の視点に立って撮る」と称される動物映像監督ギヨーム・メダチェフスキ(「アイロ~北欧ラップランドの小さなトナカイ~」)。動物トレーナーは、ミュリエル・ベック。少女と子猫がパリの街を離れて、森を訪れるシーンなど、詩的な美しいシーンが満載。

あらすじ

パリで暮らす10歳の少女クレムが屋根裏で見つけたのは、生まれたばかりのキジトラの子猫。母猫とはぐれた子猫を、ルーと名付けて一緒に暮らし始める。両親の不仲に心を痛めていたクレムにとって、ルーとの生活は心安らぐ時間となっていく。そんなある日、森の別荘を訪れたクレムとルーを、思わぬ出会いが待ち受ける。

関連するキネマ旬報の記事

2023年10月号

UPCOMING 新作紹介:「ルー、パリで生まれた猫」