男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ヒッチコックの映画術

  • ひっちこっくのえいがじゅつ
  • MY NAME IS ALFRED HITCHCOCK
  • MY NAME IS ALFRED HITCHCOCK
  • 平均評点

    64.6点(42人)

  • 観たひと

    62

  • 観たいひと

    11

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 伝記 / アート
製作国 イギリス
製作年 2022
公開年月日 2023/9/29
上映時間 120分
製作会社 Hopscotch Films
配給 シンカ
レイティング 一般映画
アスペクト比 1:1.78
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) Hitchcock Ltd 2022

場面

予告編


     

解説

“サスペンス映画の神様”アルフレッド・ヒッチコック「本人」が自身の監督作の裏側を語るスタイルで、その面白さの秘密を解き明かしていくドキュメンタリー。膨大なフィルモグラフィと過去の貴重な発言を再考察し、遊び心と驚きに満ちたその演出魔法の世界に迫る。監督は「ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行」のマーク・カズンズ。

あらすじ

“サスペンス映画の神様”とも称されるアルフレッド・ヒッチコック。未完成に終わった幻の監督デビュー作『Number 13』(1922)の監督デビューから100年。映像が氾濫するこの時代においても、ヒッチコック作品は今なお映画を愛する者たちを魅了し続けている。イギリス生まれの彼は、サイレント映画時代からヒットメイカーとして君臨。イギリス映画界からハリウッドへ渡ってからも、「レベッカ」(40)が第13回アカデミー賞で作品賞を受賞するなど、輝かしいフィルモグラフィを積み上げてきた。本作では、「白い恐怖」(45)や「めまい」(58)、「北北西に進路を取れ」(59)、「サイコ」(60)などのヒッチコック演出が冴え渡るシーン解説の数々に加えて、『快楽の園』(25)や『ダウン・ヒル』(27)といった初期作品の本編フッテージも駆使しながら、ヒッチコックの演出テクニックを視覚的に解き明かしてゆく。

関連するキネマ旬報の記事

2023年10月号

「ヒッチコックの映画術」に進路を取れ!:作品評

REVIEW 日本映画&外国映画:「ヒッチコックの映画術」

UPCOMING 新作紹介:「ヒッチコックの映画術」