男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

それでも私は生きていく

  • それでもわたしはいきていく
  • UN BEAU MATIN
  • ONE FINE MORNING
  • 平均評点

    70.2点(115人)

  • 観たひと

    158

  • 観たいひと

    23

  • レビューの数

    25

基本情報

ジャンル ラブロマンス / ヒューマン / ドラマ
製作国 フランス
製作年 2022
公開年月日 2023/5/5
上映時間 112分
製作会社 Les Films Pelleas=Razor Film Produktion=Arte France Cinema=Bayerischer Rundfunk
配給 ロングライド
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

場面

予告編


     

解説

父の看病と新しい恋の始まりという正反対の状況に直面したシングルマザーの、悲しみと喜びがないまぜになる心情を繊細に描き出し、前を向いて生きることをそっと後押しするヒューマンドラマ。「未来よ こんにちは」の監督ミア・ハンセン=ラブが、自信の父の病を気遣うなかで脚本を書いた自伝的作品。フランス映画界のトップ女優レア・セドゥが主人公のサンドラに扮し、母親、娘、恋人の立場に戸惑いながらも力強く生きる女性を好演した。父親役にはエリック・ロメール監督作品の常連俳優、パスカル・グレゴリー。主人公の恋人役に「わたしはロランス」のメルヴィル・プポー。35ミリフィルムで撮影された陽光や草木の緑が淡く温かみのある色彩でロメール作品を思わせる。

あらすじ

サンドラ(レア・セドゥ)は通訳者として働きながら、パリの小さなアパートで8歳の娘リンとふたり暮らしをしているシングルマザー。彼女の父ゲオルグ(パスカル・グレゴリー)は、かつて哲学の教師として生徒たちからも尊敬されていたが、今は病を患い、徐々に視力と記憶を失いつつある。別居する母フランソワーズ(ニコール・ガルシア)と共に彼のもとを頻繁に訪ねては、変わりゆく父の姿に直面し、自身の無力感を覚えるサンドラ。仕事、子育て、そして介護。長年自分のことどころではなかったサンドラだったが、ある日、旧友のクレマン(メルヴィル・プポー)と偶然再会し、自然と恋に落ちる。病を患う最愛の父に対する、やるせない思いと、新しい恋の始まりに対するときめきという相反する感情をサンドラは同時に抱くが……。

関連するキネマ旬報の記事

2023年6月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「それでも私は生きていく」

2023年5月上・下旬合併号

UPCOMING 新作紹介:「それでも私は生きていく」

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.48 総力特集 横浜流星

IN THE MOOD FOR CINEMA:別れた「そのあと」の物語 「それでも私は生きていく」