男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

聖地には蜘蛛が巣を張る

  • せいちにはくもがすをはる
  • HOLY SPIDER
  • HOLY SPIDER
  • 平均評点

    75.8点(190人)

  • 観たひと

    266

  • 観たいひと

    30

  • レビューの数

    40

基本情報

ジャンル 社会派 / サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 デンマーク=ドイツ=スウェーデン=フランス
製作年 2022
公開年月日 2023/4/14
上映時間 118分
製作会社 Utopia Profile Pictures=ONE TWO Films=Nordisk Film Production=Wild Bunch International=Film i Vast=Why Not Productions=ZDF/Arte=Arte France Cinema
配給 ギャガ
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)Profile Pictures / One Two Films

場面

予告編


     

解説

2000年から2001年にかけて、イランの聖地マシュハドで、実在の殺人鬼“スパイダー・キラー”によって起こった娼婦連続殺人事件にインスパイアされたクライム・サスペンス。事件を追う女性ジャーナリスト・ラヒミが目撃した英雄視されていく犯人の真の姿とは……。スウェーデン、デンマーク合作映画「ボーダー 二つの世界」のアリ・アッバシ監督が、母国のイランに戻って撮影した。主人公のラヒミを演じたザーラ・アミール・エブラヒミが第75回カンヌ映画祭女優賞を受賞。アカデミー賞のデンマーク代表にも選出され、世界49以上の映画祭にて上映されている。

あらすじ

聖地マシュハドで起きた娼婦連続殺人事件。「街を浄化する」という犯行声明のもと殺人を繰り返す“スパイダー・キラー”に街は震撼していたが、一部の市民は犯人を英雄視していた。事件を覆い隠そうとする不穏な圧力のもと、女性ジャーナリスト・ラヒミは危険を顧みずに事件を追う。ある夜、彼女は、家族と暮らす平凡な一人の男の心の深淵に潜んでいた狂気を目撃し、戦慄する――。

関連するキネマ旬報の記事

2023年7月上・下旬合併号

読者の映画評:「聖なる復讐者」小池ハル/「サイド バイ サイド 隣にいる人」志村秀人/「聖地には蜘蛛が巣を張る」門馬英寿

2023年6月下旬号

読者の映画評:「聖地には蜘蛛が巣を張る」渡辺綾/「愛しのタチアナ」松本淳/「ロストケア」日吉一郎

2023年5月上・下旬合併号

REVIEW 日本映画&外国映画:「聖地には蜘蛛が巣を張る」

2023年4月下旬特別号

ランダムウォーク キネ旬的映画の歩き方:「聖地には蜘蛛が巣を張る」作品評

UPCOMING 新作紹介:「聖地には蜘蛛が巣を張る」