男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

世界は僕らに気づかない

  • せかいはぼくらにきづかない
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    68.6点(15人)

  • 観たひと

    21

  • 観たいひと

    5

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2023/1/13
上映時間 112分
製作会社 レプロエンタテインメント
配給 Atemo
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督飯塚花笑 
脚本飯塚花笑 
エグゼクティブプロデューサー本間憲 
和田有啓 
プロデューサー菊地陽介 
山田真史 
飯塚花笑 
脚本監修中島弘象 
撮影角洋介 
音楽佐藤那美 
サウンドデザイン紫藤佑弥 
編集阿部誠 
衣裳村上久美子 
ヘアメイク浅井美智恵 
協力プロデューサー志尾睦子 
佐久間由香里 
制作担当久保智彦 
助監督緒方一智 
スチール水津惣一郎 
宣伝高木真寿美 
亀山登美 
矢部紗耶香 

キャスト

出演堀家一希 渡辺純悟
ガウ 渡辺レイナ
篠原雅史 金子優助
村山朋果 佐々木里奈
森下信浩 森下信浩
宮前隆行 金子透
田村菜穂 金子洋子
藤田あまね 金子鈴花
鈴木咲莉 金子優花
加藤亮佑 大里
高野恭子 橋下時子
橘芳美 元木静香
佐田佑慈 幼少期の純悟
竹下かおり シスター
小野孝弘 店主
関幸治 窓口係
長尾卓磨 黒服
岩谷健司 渡辺哲司

(C)「世界は僕らに気づかない」製作委員会

場面

予告編


     

解説

トランスジェンダーである自らの経験を元に制作した「僕らの未来」や商業デビー作「フタリノセカイ」で注目される飯塚花笑監督のオリジナル長篇第5作。日本人の父と離れ、フィリピン人の母と二人で暮らす青年・純悟のアイデンティティや愛をめぐる問題を当事者の目線で描く。主人公を演じるのは「東京リベンジャーズ」に出演する堀家一希。息子への深い愛情を抱きつつ、厳しい態度もとってしまう母親・レイナを演じるのは、スコットランド人の父親とフィリピン人の母親を持つガウ。2022年の大阪アジアン映画祭でワールドプレミアされ、「来るべき才能賞」を受賞。その後、ドイツ、韓国、ニューヨーク、香港、オランダ、シカゴ、フィリピンなど世界各地で上映。

あらすじ

群馬県太田市に住む高校生の純悟は、フィリピンパブに勤めるフィリピン人の母親を持つ。父親のことは母親から何も聞かされておらず、ただ毎月振り込まれる養育費だけが父親との繋がりである。純悟には優助という恋人がいるが、優助からパートナーシップを結ぶことを望まれても、自分の生い立ちが引け目となり、なかなか決断に踏み込めずにいた。そんなある日、母親のレイナが再婚したいと、恋人を家に連れて来る。見知らぬ男と一緒に暮らすことを嫌がった純悟は、実の父親を探すことにするのだが……。

関連するキネマ旬報の記事

2023年2月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「世界は僕らに気づかない」

2023年1月上・下旬合併号

UPCOMING 新作紹介:「世界は僕らに気づかない」