男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

グリーン・ナイト

  • ぐりーんないと
  • THE GREEN KNIGHT
  • THE GREEN KNIGHT
  • 平均評点

    69.1点(114人)

  • 観たひと

    167

  • 観たいひと

    18

  • レビューの数

    23

基本情報

ジャンル 冒険 / ファンタジー / ドラマ
製作国 アメリカ=カナダ=アイルランド
製作年 2021
公開年月日 2022/11/25
上映時間 130分
製作会社 Sailor Bear Production
配給 トランスフォーマー(提供:トランスフォーマー=Filmarks=スカーレット)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 5.1ch
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

(C)2021 Green Knight Productions LLC. All Rights Reserved

場面

予告編


     

解説

『指輪物語』の作家J・R・R・トールキンが現代英語に翻訳して以来、広く読まれてきた14世紀の作者不明の叙事詩「サー・ガウェインと緑の騎士」を大胆に脚色し、幻想的で奇妙な冒険の旅に出る若者の野望と挫折、愛と欲望を描いたダーク・ファンタジー。監督・脚本は「A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー」のデヴィッド・ロウリー、製作は「ミッドサマー」「ライトハウス」のA24が手掛けた。未熟でどこか頼りない主人公ガウェインを「スラムドッグ$ミリオネア」や「LION/ライオン~25年目のただいま~」のデヴ・パテルが演じ、「リリーのすべて」のアリシア・ヴィキャンデルが一人二役で共演している。

あらすじ

アーサー王の甥である若者サー・ガウェインは、正式な騎士になれぬまま、怠惰な日々をおくっていた。クリスマスの日。円卓の騎士たちが集う王の宴に、まるで全身が草木に包まれたような異様な風貌をした緑の騎士が現れる。彼は“遊び事(ゲーム)”と称した恐ろしい首切りゲームを持ちかける。その挑発に乗ったガウェインは、その騎士の首を一振りで斬り落とすが、緑の騎士は転がる首を自身の手で拾い上げると、「1年後のクリスマスに私を捜し出し、ひざまずいて、私からの一撃を受けるのだ」と言い残して去ってゆく。それは呪いと厳しい試練の始まりだった……。気が触れた盗賊、彷徨う巨人、言葉を話すキツネ……生きている者、死んでいる者、そして人間ですらない者たちが次々に現れ、ガウェインの旅路を導いてゆく。

関連するキネマ旬報の記事

2022年12月上旬特別号

ランダムウォーク キネ旬的映画の歩き方:「グリーン・ナイト」

REVIEW 日本映画&外国映画:「グリーン・ナイト」

UPCOMING 新作紹介:「グリーン・ナイト」