男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

メイクアップ・アーティスト:ケヴィン・オークイン・ストーリー

  • めいくあっぷあーてぃすとけびんおーくいんすとーりー
  • LARGER THAN LIFE: THE KEVYN AUCOIN STORY
  • LARGER THAN LIFE: THE KEVYN AUCOIN STORY
  • 平均評点

    70.8点(6人)

  • 観たひと

    10

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 伝記 / アート
製作国 アメリカ
製作年 2017
公開年月日 2022/10/7
上映時間 102分
製作会社 Vinyl Foote Production=Matador Content
配給 アップリンク
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

場面

予告編


     

解説

1990年代に革新的なモードメイクによって世界を席巻した天才メイクアップ・アーティスト、ケヴィン・オークインの生涯を描いたドキュメンタリー。スーパーモデルやセレブを虜にした「個性」を際立たせ、「多様な美しさ」を生み出すメイクはいかにして生まれたのか、その軌跡を解き明かす。

あらすじ

1962年アメリカ・ルイジアナ州生まれのケヴィン・オークイン。彼は幼い頃から「男らしさ」を象徴する野球のようなスポーツには目もくれず、美しいメイクや女性の絵を描くことに夢中だった。しかし、封建的な60年代のルイジアナの人びとにとって、規範を逸脱した彼の行動は理解不能。彼はアイデンティティを求め、ゲイ差別から逃れるため、ニューヨークへと旅立つ。やがて、雑誌『ヴォーグ』の仕事を皮切りにファッションの世界に居場所を見つけた彼は、細眉やリップライナーを流行させ、光と影を駆使して立体感を出す「コントゥアリング」などの革新的なモードメイクで世界を席巻する。資生堂のブランドINOUIの全盛期のクリエイターとしても活躍するなど人気絶頂を迎える。だがその一方、頭痛や精神的苦痛にさいなまれ、鎮痛剤の服用過多による肝障害で40歳の若さで突然の死を遂げる。彼の人生の光と闇にスポットを当て、どんな人をもメイクで個性を際立たせたようとした「美の哲学」に迫る。

関連するキネマ旬報の記事

2022年10月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「メイクアップ・アーティスト:ケヴィン・オークイン・ストーリー」

UPCOMING 新作紹介:「メイクアップ・アーティスト:ケヴィン・オークイン・ストーリー」