男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

すずめの戸締まり

  • すずめのとじまり
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    80.2点(533人)

  • 観たひと

    715

  • 観たいひと

    54

  • レビューの数

    76

基本情報

ジャンル アニメーション / SF / 青春 / ファンタジー
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2022/11/11
上映時間 121分
製作会社 「すずめの戸締まり」製作委員会(制作プロデュース:STORY inc./制作:コミックス・ウェーブ・フィルム)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督新海誠 
脚本新海誠 
原作新海誠 
キャラクターデザイン田中将賀 
作画監督土屋堅一 
美術監督丹治匠 
音楽RADWIMPS 
陣内一真 
主題歌十明:(「すずめ」)
音響監督山田陽 
音響効果伊藤瑞樹 

キャスト

出演(声)原菜乃華 岩戸鈴芽
松村北斗(SixTONES)宗像草太
深津絵里 岩戸環
松本白鸚 宗像羊朗
染谷将太 岡部稔
伊藤沙莉 二ノ宮ルミ
花瀬琴音 海部千果
花澤香菜 岩戸椿芽
神木隆之介 芹澤朋也

(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

解説

世界を魅了するアニメーション監督・新海誠が贈る、日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる”扉”を閉めていく少女・すずめの解放と成長を描いた現代の冒険物語。すずめの声を、1700 人を超えるオーディションから選ばれた原菜乃華が担当。扉を閉める旅を続ける“閉じ師”の青年・草太役には松村北斗。すずめの叔母・環役に深津絵里、草太の祖父・羊朗役に松本白鸚。さらには染谷将太、伊藤沙莉、花瀬琴音、花澤香菜という精鋭キャストが集結。音楽は新海作品 3 度目のタッグとなる RADWIMPS。映画音楽作曲家・陣内一真が共作として参加。主題歌「すずめ」を唄うのは次世代の逸材・十明。すずめが歩む道の先で待つのは、見たこともない風景、人々との出会いと別れ、そして驚きと困難の数々。それでも前に進む彼女たちの冒険は、不安や不自由さと隣り合わせの日常を生きる者たちの旅路にも、一筋の光をもたらす。過去と現在と未来をつなぐ、“戸締まり”の物語。

あらすじ

九州の静かな町で暮らす 17 歳の少女・鈴芽(すずめ)は、「扉を探してるんだ」という旅の青年・草太に出会う。彼の後を追って迷い込んだ山中の廃墟で見つけたのは、ぽつんとたたずむ古ぼけた扉。なにかに引き寄せられるように、すずめは扉に手を伸ばすが……。扉の向こう側からは災いが訪れてしまうため、草太は扉を閉めて鍵をかける“閉じ師”として旅を続けているという。すると、二人の前に突如、謎の猫・ダイジンが現れる。「すずめ すき」「おまえは じゃま」。ダイジンがしゃべり出した次の瞬間、草太はなんと、椅子に姿を変えられてしまう! それはすずめが幼い頃に使っていた、脚が 1 本欠けた小さな椅子。逃げるダイジンを捕まえようと 3 本脚の椅子の姿で走り出した草太を、すずめは慌てて追いかける。やがて、日本各地で次々に開き始める扉。不思議な扉と小さな猫に導かれ、九州、四国、関西、そして東京と、日本列島を巻き込んでいくすずめの”戸締まりの旅”。旅先での出会いに助けられながら辿りついたその場所ですずめを待っていたのは、忘れられてしまったある真実だった。

関連するキネマ旬報の記事

2022年12月下旬号

「すずめの戸締まり」:インタビュー 新海誠[監督・原作・脚本]

2022年12月上旬特別号

戯画日誌:第181回 違和感の数々が懐かしくも魅力的に感じられた瞬間

2022年11月下旬号

「すずめの戸締まり」:対談 古澤佳寛[エグゼクティブプロデューサー]×川村元気[企画・プロデュース]

グラビアインタビュー 原菜乃華 「すずめの戸締まり」:

UPCOMING 新作紹介:「すずめの戸締まり」