男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

エゴイスト(2023)

  • えごいすと
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    77.4点(218人)

  • 観たひと

    323

  • 観たいひと

    40

  • レビューの数

    53

基本情報

ジャンル ラブロマンス / ドラマ
製作国 日本
製作年 2023
公開年月日 2023/2/10
上映時間 120分
製作会社 「エゴイスト」製作委員会(東京テアトル=日活=ライツキューブ=ROBOT)(製作幹事・配給:東京テアトル/制作プロダクション:ROBOT)
配給 東京テアトル
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット 不明

スタッフ

監督松永大司 
脚本松永大司 
狗飼恭子 
原作高山真:(「エゴイスト」(小学館刊))
企画明石直弓 
プロデューサー明石直弓 
横山蘭平 
紀嘉久 
制作担当阿部史嗣 
LGBTQ+inclusive directorミヤタ廉 
撮影池田直矢 
美術佐藤希 
装飾佐藤希 
音楽世武裕子 
録音弥栄裕樹 
小牧将人 
サウンドデザイン石坂紘行 
照明舘野秀樹 
編集早野亮 
スタイリスト篠塚奈美 
ヘアメイクデザイン宮田靖士 
ヘアメイク山田みずき 
久慈拓路 
ラインプロデューサー和氣俊之 
助監督松下洋平 

キャスト

(C)2023 高山真・小学館/「エゴイスト」製作委員会

場面

予告編


     

解説

高山真の自伝的小説を鈴木亮平&宮澤氷魚の共演で映画化。田舎町でゲイを隠して思春期を過ごし、今は東京でファッション誌の編集者として働く浩輔は、パーソナルトレーナーの龍太と惹かれ合う。幸せな時間を過ごす2人に、やがて思いもよらぬ運命が訪れる。監督は「トイレのピエタ」の松永大司。

あらすじ

14 歳で母を失い、ゲイである自分を隠して田舎町で鬱屈とした思春期を過ごしてきた斉藤浩輔(鈴木亮平)は、今は東京の出版社でファッション誌の編集者として働き、仕事が終われば気の置けない友人たちと気ままな時間を過ごしている。そんな彼が出会ったのは、シングルマザーの母を支えて健気に暮らす一方で、自分の美しさには無頓着なパーソナルトレーナーの中村龍太(宮沢氷魚)だった。自分を守る鎧のようにハイブランドの服に身を包み、気ままながらもどこか虚勢を張って生きている浩輔と、最初は戸惑いながらも、浩輔が差し伸べた救いの手をとった龍太。惹かれ合った2人は、時に龍太の母も交えながら、満ち足りた時間を重ねていく。亡き母への想いを抱えた浩輔にとって、母に寄り添う龍太をサポートし、愛し合う時間は幸せなものだった。しかし彼らの前に突然、思いもよらぬ運命が押し寄せる……。

関連するキネマ旬報の記事

2023年4月下旬特別号

読者の映画評:「エゴイスト」大鋸貴広/「ペーパーシティ 東京大空襲の記憶」平田淳/「エンパイア・オブ・ライト」三吉啓司

2023年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

UPCOMING 新作紹介:「エゴイスト」

2023年2月上旬号

ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2022:ndjc出身監督作品「エゴイスト」公開記念インタビュー 松永大司[監督・脚本]

グラビアインタビュー 鈴木亮平&宮沢氷魚「エゴイスト」: