男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

よだかの片想い

  • よだかのかたおもい
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    74.5点(57人)

  • 観たひと

    69

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル ラブロマンス / ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2021
公開年月日 2022/9/16
上映時間 100分
製作会社 映画「よだかの片想い」製作委員会(製作幹事:メ~テレ/企画協力:グリック=SPOTTED PRODUCTIONS/制作プロダクション:ダブ)
配給 ラビットハウス
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督安川有果 
脚本城定秀夫 
原作島本理生:(『よだかの片想い』(集英社文庫刊))
エグゼクティブプロデューサー服部保彦 
企画協力直井卓俊 
製作狩野隆也 
松岡雄浩 
宇田川寧 
周防亮 
プロデューサー石川真吾 
柴原祐一 
撮影趙聖來 
美術松本良二 
装飾土橋麻衣子 
音楽AMIKO 
主題歌角銅真実:(「夜だか」(ユニバーサル ミュージック))
録音鈴木健太郎 
照明森紀博 
編集野澤瞳 
衣裳松本紗矢子 
ヘアメイク内城千栄子 
キャスティング伊藤尚哉 
ラインプロデューサー島根淳 
助監督金田健 

キャスト

出演松井玲奈 前田アイコ
中島歩 飛坂逢太
藤井美菜 ミュウ
織田梨沙 まりえ
青木柚 原田
手島実優 城崎美和
池田良 
中澤梓佐 
三宅弘城 安達

(C)島本理生/集英社 (C)2021 映画「よだかの片想い」製作委員会

場面

予告編


     

解説

直木賞作家・島本理生の同名恋愛小説に、主演の松井玲奈が惚れ込み、「Dressing UP」の安川有果・監督×「愛なのに」の城定秀夫・脚本で映画化。顔の左側にアザがある主人公のアイコが自分の人生と向き合い、悩み考え、前に進んでいく様子を繊細に描き出す。アイコが好意を寄せる映画監督の飛坂逢太に「偶然と想像」の中島歩、出版社に勤務するアイコの友人役に「コンフィデンスマンJP」シリーズの織田梨沙、研究室の仲間役に「人間の時間」の藤井美菜、「うみべの女の子」の青木柚など、注目度の高い若手俳優が集まった。タイトルの「よだか」とは、宮沢賢治の童話「よだかの星」にも登場する“夜(よ)鷹(たか)”のこと。童話では醜い鳥といじめられていた夜鷹だが、その誰もが抱える「弱さ」を新しい視点で見直し、アイコと共に一歩前へ踏み出す力を与えてくれる。

あらすじ

前田アイコ(松井玲奈)は、顔の左側にアザがある。幼い頃、そのアザをからかわれたことがあり、恋や遊びはすっかりあきらめ、大学院でも研究ひと筋の毎日を送っていた。しかし、「顔にアザや怪我を負った人」のルポルタージュ本の取材を受けて話題となってから、状況は一変。本の映画化の話が進み、友人の編集者・まりえ(織田梨沙)の紹介で、監督の飛坂逢太(中島歩)と出会う。初めは映画化を断っていたアイコだったが、話をするうちに彼の人柄に惹かれていく。飛坂への片想いを自覚し、不器用に距離を縮めていくアイコ。しかし、飛坂の元恋人の存在、そして飛坂は映画化の実現のために自分に近づいたという疑心暗鬼が、アイコの「恋」と「人生」を大きく変えていくことになる。

関連するキネマ旬報の記事

2022年10月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「よだかの片想い」

2022年9月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「よだかの片想い」