男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

モガディシュ 脱出までの14日間

  • もがでぃしゅだしゅつまでのじゅうよっかかん
  • 모가디슈
  • ESCAPE FROM MOGADISHU
  • 平均評点

    79.8点(172人)

  • 観たひと

    245

  • 観たいひと

    38

  • レビューの数

    39

基本情報

ジャンル アクション / ドラマ
製作国 韓国
製作年 2021
公開年月日 2022/7/1
上映時間 121分
製作会社 Dexter Studios=Filmmakers R&K
配給 ツイン=カルチュア・パブリッシャーズ(提供:カルチュア・エンタテインメント)
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

出演キム・ユンソク ハン大使
チョ・インソン カン・テジン参事官
ホ・ジュノ リム大使
ク・ギョファン テ・ジュンギ参事官
キム・ソジン 
チョン・マンシク 

(C)2021 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS & FILMMAKERS R&K All Rights Reserved.

場面

予告編


     

解説

ソマリア内戦に巻き込まれた韓国と北朝鮮の大使館員たちの生死をかけた脱出を描くアクション大作。90年代の実話を基にし、2021年に韓国で公開されるや興行収入30億円を突破、自国映画第1位の大ヒットを記録したほか、青龍映画賞の最優秀作品賞、監督賞を含む計6冠に輝いた。韓国のハン大使に「1987、ある闘いの真実」のキム・ユンソク、カン・テジン参事官に「ザ・キング」のチョ・インソンが扮し、初共演を果たした。対する北朝鮮のリム大使に「国家が破産する日」のホ・ジュノ、北朝鮮側のテ・ジュンギ参事官を「新感染半島 ファイナル・ステージ」のク・ギョファンら実力派が集結。監督は「ベルリンファイル」「ベテラン」などで“韓国のタランティーノ”と称されるリュ・スンワン。モロッコでオールロケを敢行し、衝撃的なスピードとダイナミックなカメラワークによる大迫力のカーアクションを展開。加えて、市街地の破壊によって人々が逃げまどい、暗闇のなかで家族が身を寄せ合う姿を丹念に描くなど、現実社会の出来事を想起せざるを得ないリアリティを追及。エンタテインメントでありながらも、切実な胸を打つ人間ドラマとなっている。

あらすじ

1990年、ソウル五輪で大成功を収めて勢いづく韓国政府は国連への加盟を目指し、多数の投票権を持つアフリカ諸国へのロビー活動に励んでいた。ソマリアの首都モガディシュで韓国大使を務めるハン(キム・ユンソク)は、現地政府の上層部に何とか取り入ろうとしている。一方、韓国より20年も早くアフリカ諸国との外交を始めていた北朝鮮のリム大使(ホ・ジュノ)も国連加盟のために奔走し、両国間の妨害工作や情報操作はエスカレートしていく。そんななか、ソマリアの現政権に不満を持つ反乱軍による内戦が激化。たちまち市街は大混乱に陥り、両国の大使館員とその家族たちは孤立無援になってしまう。ついに暴徒の襲撃を受けて大使館を追われた北朝鮮大使リムは、絶対に相容れない韓国大使館に助けを求める決意をする。果たして、ハン大使は彼らを受け入れるのか、全員で生きて脱出することができるのか、そしてその方法は──?

関連するキネマ旬報の記事

2022年7月下旬号

「モガディシュ 脱出までの14日間」:インタビュー リュ・スンワン

REVIEW 日本映画&外国映画:「モガディシュ 脱出までの 14日間」

2022年7月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「モガディシュ 脱出までの 14日間」