男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

君を想い、バスに乗る

  • きみをおもいばすにのる
  • THE LAST BUS
  • THE LAST BUS
  • 平均評点

    76.0点(80人)

  • 観たひと

    114

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    23

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 イギリス
製作年 2021
公開年月日 2022/6/3
上映時間 86分
製作会社 Hurricane Films=Head Gear Films=Metrol Technology=Kreo Films=Quickfire Films=Creative Scotland
配給 HIGH BROW CINEMA
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) Last Bus Ltd 2021

場面

予告編


     

解説

「ターナー、光に愛を求めて」のティモシー・スポール主演によるヒューマンドラマ。最愛の妻を亡くしたばかりの90歳のトム。妻と交わしたある約束を胸に、ふたりの人生が始まった場所“ランズエンド”を目指し、トムはローカルバスでイギリス縦断の旅に出るが……。共演は『ダウントン・アビー』シリーズのフィリス・ローガン。監督は「ウイスキーと2人の花嫁」のギリーズ・マッキノン。

あらすじ

90歳のトム・ハーパー(ティモシー・スポ―ル)は、最愛の妻メアリー(フィリス・ローガン)を亡くしたばかり。ある日、トムは50年暮らした家を離れ、ローカルバスのフリーパスを利用してイギリス縦断の壮大な旅に出ることを決意する。目指すは愛する妻と出会い、ふたりの人生が始まった場所“ランズエンド”。行く先々で様々な人と出会い、トラブルに巻き込まれながらも、妻と交わしたある約束を胸に、時間や年齢、運命に抗いながら旅を続けるトム。妻との思い出、そして自身の“過去”ばかりを見つめていたトムが、旅を通して見つけたものとは……。

関連するキネマ旬報の記事

2022年6月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「君を想い、バスに乗る」

2022年6月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「君を想い、バスに乗る」