男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

イントロダクション

  • いんとろだくしょん
  • 인트로덕션
  • INTRODUCTION
  • 平均評点

    72.8点(49人)

  • 観たひと

    68

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    13

基本情報

ジャンル 青春 / ヒューマン / ドラマ
製作国 韓国
製作年 2020
公開年月日 2022/6/24
上映時間 66分
製作会社 Jeonwonsa Film
配給 ミモザフィルムズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 1:1.78
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 モノラル
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2020. Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved

場面

予告編


     

解説

ベルリン国際映画祭銀熊賞(脚本賞)を受賞したホン・サンス監督の長編25本目作品。韓国とベルリンを舞台に、モラトリアムをさまよう青年の、思い通りにいかない人生の痛みと愛おしさが、前作「逃げた女」の変奏バージョンのごとき3章構成とモノクロームで描かれる青春映画。主人公のヨンホを演じるのは、ホン・サンスが教授として在籍する建国大学映画芸術学部で学ぶシン・ソクホ。監督の「正しい日 間違えた日」(15年)にスタッフとして参加以来、幾つかの作品に出演、本作で初主演を飾った。ヨンホの恋人ジュウォン役のパク・ミソも監督のもとで学んだ女優である。第1章はソウルの雪の季節に、第2章は「逃げた女」でベルリン国際映画祭に参加しているときに、第3章は帰国後に韓国の東海で撮影された。「INTRODUCTION(イントロダクション)」の言葉が持つ「紹介」「序文」「入門」「導入」といった多様なエッセンスが内包された3つのエピソードは一見、時系列順に並んでいるようにも見えるが、そうでないようにも見え、主人公の三つの“再会”と三つの“抱擁”が各話を繋いでいく。ホン監督の公私にわたるパートナーであり、「夜の浜辺でひとり」(17)によってベルリン国際映画祭主演女優賞(銀熊賞)を受賞したキム・ミニがベルリン在住の画家役で参加したほか、ソ・ヨンファ、キ・ジュボン、チョ・ユニなど、ホン作品の常連俳優が顔を揃えた。

あらすじ

青年ヨンホはソウルの高台にある韓方病院を訪れる。院長を務める父に呼び出されたのだ。将来の進路が定まっていないヨンホは、折り合いの悪い父との久しぶりの再会に気まずさを感じていた。不意の患者に応対する父を屋外で待つ間、顔なじみの女性看護師が近づいてくる……。ヨンホの恋人ジュウォンは衣裳デザインを学ぶために、母とドイツのベルリンにやってきた。母の旧友の画家の家に居候させてもらえることになったのだ。3人が散歩をしていると、ジュウォンのところにヨンホから電話がかかってくる……。とある海辺の食堂でヨンホの母と演劇界の大物俳優がヨンホを待っている。ヨンホはかつて父の病院でその俳優から「俳優になるといい」と助言され、本当にそうしようと思い立った。だが、ある出来事をきっかけに道を断念してしまう。母は相談に乗ってもらおうとその場を設けたのだが……。店の目の前には冬の海が広がっていた。

関連するキネマ旬報の記事

2022年7月上旬号

ホン・サンス「あなたの顔の前に」「イントロダクション」に寄せて:

REVIEW 日本映画&外国映画:「イントロダクション」

UPCOMING 新作紹介:「イントロダクション」