男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

PLAN75

  • ぷらんななじゅうご
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    75.5点(303人)

  • 観たひと

    412

  • 観たいひと

    45

  • レビューの数

    69

基本情報

ジャンル SF / 社会派 / ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2022/6/17
上映時間 112分
製作会社 ハピネットファントム・スタジオ=ローデッド・フィルムズ=鈍牛倶楽部=Urban Factory=Fusee(企画・制作:ローデッド・フィルムズ/制作協力プロダクション:SS工房)
配給 ハピネットファントム・スタジオ
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督早川千絵 
脚本早川千絵 
脚本協力ジェイソン・グレイ 
エグゼクティブ・プロデューサー小西啓介 
水野詠子 
國寶瑞恵 
石垣裕之 
フレデリック・コルヴェ 
ウィルフレド・C・マナーラン 
プロデューサー水野詠子 
ジェイソン・グレイ 
フレデリック・コルヴェ 
マエヴァ・サヴィニャン 
コ・プロデューサーアレンバーグ・アン 
撮影浦田秀穂 
美術塩川節子 
音楽レミ・ブバル 
録音臼井勝 
サウンドデザインフィリップ・グリベル 
照明常谷良男 
編集アンヌ・クロッツ 
スタイリスト岡本華菜子 
ヘアメイク宮谷三千代 
キャスティング細川久美子 
ラインプロデューサー古賀奏一郎 
制作担当金子堅太郎 
助監督近藤有希 

キャスト

出演倍賞千恵子 角谷ミチ
磯村勇斗 岡部ヒロム
たかお鷹 
河合優実 成宮瑶子
ステファニー・アリアン マリア
大方斐紗子 
串田和美 

(C)2022『PLAN75』製作委員会 / Urban Factory / Fusee

場面

予告編


     

解説

是枝裕和が総合監修を務めたオムニバス「十年 Ten Years Japan」の一編を元に、出演者を一新した早川千絵の初長編。超高齢化社会に対応して日本政府が導入した75歳以上の高齢者が自ら死を選ぶ制度“プラン75”に翻弄される人々の物語。出演は「男はつらいよ お帰り 寅さん」の倍賞千恵子、「ヤクザと家族 The Family」の磯村勇斗、「サマーフィルムにのって」の河合優実。

あらすじ

世界の中でも速いスピードで高齢化が進んだ日本では、超高齢化社会に対応すべく、75歳以上の高齢者が自ら死を選び、それを国が支援する制度“プラン75”が施行されることになった。制度の運用が始まってから3年。“プラン75”を推進する様々な民間サービスも生まれ、高齢者の間では“自分たちが早く死ぬことで国に貢献すべき”という風潮がにわかに広がりつつあった。78歳の角谷ミチ(倍賞千恵子)は、夫と死別後、ホテルの客室清掃の仕事をしながら長年、独り暮らしを続けてきた。市役所の“プラン75”申請窓口で働く岡部ヒロム(磯村勇斗)や申請者のサポート業務を担当する成宮瑶子(河合優実)は、国が作った制度に対して何の疑問も抱かず、日々業務に邁進していた。また、フィリピンから出稼ぎに来ていたマリア(ステファニー・アリアン)は高待遇の職を求め、“プラン75”関連施設での仕事を斡旋される。そんなある日、ミチは職場から高齢を理由に退職を余儀なくされる。職を失い、住む場所さえ失いそうになったミチは、“プラン75”の申請手続きを行うか考え始める……。

関連するキネマ旬報の記事

2022年8月下旬号

読者の映画評:「アドリブ・ナイト」小池ハル/「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」岩﨑敬/「PLAN 75」渡辺綾

2022年8月上旬号

読者の映画評:「ドンバス」平岩潤/「PLAN75」原田隆司/「アカルイミライ」三好恵瑠

2022年7月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「PLAN 75」

2022年6月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「PLAN75」