男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ぼくらのよあけ

  • ぼくらのよあけ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    68.2点(33人)

  • 観たひと

    52

  • 観たいひと

    4

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル アニメーション / SF / 青春 / 冒険
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2022/10/21
上映時間 120分
製作会社 2022「ぼくらのよあけ」製作委員会(アニメーション制作:ゼロジー)
配給 ギャガ=エイベックス・ピクチャーズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督黒川智之 
脚本佐藤大 
原作今井哲也:(「ぼくらのよあけ」(講談社「⽉刊アフタヌーン」刊))
企画・プロデュース新井修平 
製作依田巽 
勝股英夫 
川崎由紀夫 
先川幸矢 
松下幸生 
古川公平 
古迫智典 
プロデューサー大胡寛二 
アニメーションプロデューサー鈴木良兵 
レイアウト監修安田好孝 
アニメーションキャラクター原案・コンセプトデザインpomodorosa 
アニメーションキャラクターデザイン吉田隆彦 
総作画監督吉田隆彦 
草間英興 
谷拓也 
植田羊一 
エフェクト作画監督植田羊一 
虹の根デザインみっちぇ 
プロップデザイン狩野都 
アートワークス三沢伸 
モニターグラフィックスデザイン関香織 
宮原洋平 
撮影監督國重元宏 
難波史 
美術監督谷岡善王 
美術監督補佐野村正信 
美術設定青木薫 
音楽横山克 
主題歌三浦大知:(「いつしか」)
音響監督小泉紀介 
サウンドミキサー野口あきら 
音響制作ソニルード 
編集黒澤雅之 
スーパーヴァイジングサウンドエディター勝俣まさとし 
虹の根映像亡霊工房 
3D監督菅友彦 
3Dテクニカルディレクター佐藤淳也 
色彩設計古川篤史 
宣伝統括長屋圭井子 
宣伝プロデューサー松田尚子 
営業統括水野貴夫 

キャスト

出演(声)杉咲花 沢渡悠真
悠木碧 ナナコ
藤原夏海 岸真悟
岡本信彦 田所銀之介
水瀬いのり 河合花香
戸松遥 岸わこ
花澤香菜 沢渡はるか
細谷佳正 沢渡遼
津田健次郎 河合義達
朴ロ美 二月の黎明号

(C)今井哲也・講談社/2022「ぼくらのよあけ」製作委員会

解説

『月刊アフタヌーン』(講談社刊)にて連載されていた今井哲也の同名のSFジュブナイル漫画を劇場アニメ化。人口知能が発達した近未来の日本を舞台に、団地に住む少年が、宇宙の彼方からやってきた惑星探査機に搭載されたAIと接触。同機を母星へと帰還させるべく、友人たちと奮闘するひと夏の物語。小学4年生の主人公、沢渡悠真の声を担当するのは杉咲花、人工知能搭載家庭用ロボット・ナナコ役を悠木碧が務める。

あらすじ

「頼みがある。私が宇宙に帰るのを手伝ってもらえないだろうか?」。西暦2049年、夏。阿佐ヶ谷団地に住んでいる小学 4 年生の沢渡悠真は、間もなく地球に大接近するという“SHIII・アールヴィル彗星”に夢中になっていた。そんな時、沢渡家の人工知能搭載型家庭用オートボット・ナナコが未知の存在にハッキングされた。「二月の黎明号」と名乗る宇宙から来たその存在は、2022年に地球に降下した際、大気圏突入時のトラブルで故障、悠真たちが住む団地の一棟に擬態して休眠していたという。その夏、子どもたちの極秘ミッションが始まった。

関連するキネマ旬報の記事

2022年11月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ぼくらのよあけ」

2022年11月上旬号

グラビアインタビュー 杉咲花「ぼくらのよあけ」:

UPCOMING 新作紹介:「ぼくらのよあけ」

戯画日誌:第179回 なんだかとても変なものを見ているというカタルシス?