男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

N号棟

  • えぬごうとう
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    58.3点(31人)

  • 観たひと

    47

  • 観たいひと

    3

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル ホラー / パニック
製作国 日本
製作年 2021
公開年月日 2022/4/29
上映時間 103分
製作会社 「N号棟」製作委員会(制作:MinyMixCreati部)
配給 SDP
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督後藤庸介 
脚本後藤庸介 
プロデューサー菅谷英一 
音楽Akiyoshi Yasuda 
主題歌DUSTCELL:(「INSIDE」(KAMITSUBAKI RECORD))

キャスト

(C)「N 号棟」製作委員会

場面

予告編


     

解説

実際に岐阜県富加町で起きた幽霊団地事件を基に企画された考察型恐怖体験ホラー。死恐怖症(タナトフォビア)を患いながらも、死に惹かれていってしまう主人公の女子大生・史織役を「成れの果て」などの話題作が続く萩原みのりが務め、凄まじい恐怖と戦う圧巻の演技を披露している。団地に一緒に乗り込む大学生役を、池田エライザ監督作品「夏、至るころ」に主演した倉悠貴、子役時代から活躍する実力派・山谷花純がそれぞれ務める。そんな3人を囲む幽霊団地住人を、筒井真理子をはじめ、諏訪太朗、赤間麻里子、岡部たかしなどが怪演。監督・脚本は「リトル・サブカル・ウォーズ ヴィレヴァン!の逆襲」の後藤庸介。

あらすじ

とある地方都市。かつて霊が出るという噂で有名だった廃団地。女子大生・史織(萩原みのり)が同じ大学に通う啓太(倉悠貴)、真帆(山谷花純)と共に興味本位で訪れると、なぜかそこには数多くの住人たちがいる。3人が調査を進めようとすると、突然激しい<怪奇ラップ現象>が起こる。そして、目の前で住人が飛び降り自殺をしてしまう。驚く3人だが、住人たちは顔色一つ変えない。何が起きているのか理解できないまま、その後も続発する、自殺とラップ現象……。住人たちは、恐怖する若者たちを優しく抱きしめ、仲間にしようと巧みに誘惑してくる。超常現象、臨死浮遊、霊の出現……「神秘的体験」に魅せられた啓太や真帆は次第に洗脳されていく。仲間を失い、追い詰められた史織は、自殺者が運び込まれた建物内へ侵入するが、そこで彼女が見たものは、思いもよらぬものだった。

関連するキネマ旬報の記事

2022年5月上・下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「N号棟」

UPCOMING 新作紹介:「N号棟」