男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

林檎とポラロイド

  • りんごとぽらろいど
  • MILA
  • APPLES
  • 平均評点

    69.2点(73人)

  • 観たひと

    111

  • 観たいひと

    14

  • レビューの数

    19

基本情報

ジャンル コメディ / ドラマ
製作国 ギリシャ=ポーランド=スロベニア
製作年 2020
公開年月日 2022/3/11
上映時間 90分
製作会社 Boo Productions=Lava Films
配給 ビターズ・エンド
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2020 Boo Productions and Lava Film

場面

予告編


     

解説

リチャード・リンクレイターやヨルゴス・ランティモスの助監督を務めたクリストス・ニクの監督デビュー作。記憶喪失を引き起こす奇病が蔓延した世界。リンゴが好きなこと以外、すべての記憶を失った男が“新しい自分”と呼ばれる回復プログラムに臨むが……。出演は「アルプス」のアリス・セルヴェタリス。「ブルージャスミン」の女優ケイト・ブランシェットがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

あらすじ

“お名前は?”、“覚えていません”。バスの中で目覚めた男は、記憶を失っていた。覚えているのは、リンゴが好きなことだけ。世界では、記憶喪失を引き起こす奇病が蔓延し、治療として“新しい自分”と呼ばれる回復プログラムが行われていた。それは、毎日送られてくるカセットテープに吹き込まれた様々なミッションをこなしていくというもの。自転車に乗る、仮装パーティーで友達を作る、ホラー映画を見る……。そして、その新たな経験をポラロイドに記録する。様々なミッションをこなしていたある日、男は同じくプログラムに参加する女と出会い、親しくなっていく。しかし、“新しい日常”に慣れてきた頃、男は忘れたはずの以前住んでいた番地をふと口にする……。“哀しい記憶だけ失うことはできませんか?”。口数の少ない男が治療を通して、心に宿した本当の思いとは……。

関連するキネマ旬報の記事

2022年3月下旬映画業界決算特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「林檎とポラロイド」

UPCOMING 新作紹介:「林檎とポラロイド」