男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

355

  • すりーふぁいぶふぁいぶ
  • THE 355
  • THE 355
  • 平均評点

    70.4点(170人)

  • 観たひと

    256

  • 観たいひと

    32

  • レビューの数

    25

基本情報

ジャンル アクション / スリラー
製作国 イギリス
製作年 2022
公開年月日 2022/2/4
上映時間 122分
製作会社 Freckle Films=Kinberg Genre Films
配給 キノフィルムズ(提供:木下グループ)
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS. (C)355 Film Rights, LLC 2021 All rights reserved.

解説

アメリカ、イギリス、ドイツ、コロンビア、中国から集結した5人の凄腕女性エージェントのドリームチーム「355(スリー・ファイブ・ファイブ)」の活躍を描く本格スパイ・アクション。国際テロ組織から極秘兵器を奪還し、第三次世界大戦を阻止するべく奔走する。「355」とは18世紀のアメリカの独立戦争時代に実在した女性スパイのコードネーム。ジェシカ・チャステインの発案で、ペネロペ・クルス、ファン・ビンビン、ダイアン・クルーガー、ルピタ・ニョンゴなど、アカデミー賞やカンヌ国際映画祭の常連女優が豪華競演。「ジェイソン・ボーン」シリーズの製作チームに加え、「X-MEN」シリーズの製作・脚本に携わり、「X-MEN:ダーク・フェニックス」で初監督を果たしたサイモン・キンバーグが監督を務める強力タッグが実現した。パリ、モロッコ、上海をノンストップで駆けめぐる壮大なストーリー展開、実力派女優たちが体当たりで挑んだチェイス&バトル・シーンなど、すべてが“ガチ”の迫力とスリルに満ちあふれたエンターテインメント大作。

あらすじ

アメリカのCIA本部に緊急情報がもたらされた。あらゆるセキュリティをくぐり抜け、世界中のインフラや金融システムなどを攻撃可能なデジタル・デバイスが南米で開発され、その途方もなく危険なテクノロジーが闇マーケットに流出しようとしているというのだ。この非常事態に対処するため、CIAは最強の格闘スキルを誇る女性エージェント、メイス(ジェシカ・チャステイン)をパリに送り込む。しかしそのデバイスは国際テロ組織の殺し屋の手に渡り、メイスはBND(ドイツ連邦情報局)のタフな秘密工作員マリー(ダイアン・クルーガー)、MI6のサイバー・インテリジェンスの専門家ハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、コロンビア諜報組織の心理学者グラシエラ(ペネロペ・クルス)と手を組んで、世界を股にかけた追跡戦を繰り広げていく。やがて中国政府のエージェント、リン(ファン・ビンビン)もチームに加わるが、彼女たちの行く手には想像を絶する苦難が待ち受けていた……。

関連するキネマ旬報の記事