男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

Coda コーダ あいのうた

  • こーだあいのうた
  • CODA
  • CODA
  • 平均評点

    82.2点(678人)

  • 観たひと

    894

  • 観たいひと

    76

  • レビューの数

    126

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2021
公開年月日 2022/1/21
上映時間 112分
製作会社 Vendome Pictures
配給 ギャガ
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2020 VENDOME PICTURES LLC, PATHE FILMS

場面

予告編


     

解説

サンダンス映画祭4冠に輝き、映画祭史上最高額の約26億円で落札されたヒューマンドラマ。仏映画「エール!」のハリウッドリメイク版。家族の中で唯一耳が聞こえるルビーは歌の才能に恵まれ、音大進学を夢見るが、その才能を信じられない両親に反対される。出演は、ドラマ『ロック&キー』のエミリア・ジョーンズ、「シング・ストリート 未来へのうた」のフェルディア・ウォルシュ=ピーロ、「愛は静けさの中に」のマリー・マトリン。監督・脚本は、「タルーラ ~彼女たちの事情~」のシアン・ヘダー。

あらすじ

豊かな自然に恵まれた海の町で、両親と兄と暮らす高校生ルビー(エミリア・ジョーンズ)は、家族の中で一人だけ耳が聞こえる。ルビーは幼いころから、陽気で優しい家族のために通訳となり、家業の漁業も毎日欠かさず手伝っていた。新学期、ルビーは秘かに憧れるクラスメイトのマイルズ(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)と同じ合唱クラブに入部する。顧問の先生から歌の才能を見出されたルビーは、都会の名門音楽大学の受験を強く勧められる。しかし、ルビーの歌声を聴くことができず、娘の才能を信じられない両親は、家業の方が大事だと大反対する。ルビーは悩んだ末、夢よりも家族の助けを続けることを選ぶが、父は思いがけない方法で娘の才能に気づき、意外な決断をする……。

関連するキネマ旬報の記事

2022年4月上旬号

巻頭特集 今年のオスカーは特に気になる:アカデミー賞作品賞候補作紹介 「コーダ あいのうた」

読者の映画評:「理大囲城」谷川正樹/「Coda コーダ あいのうた」三吉啓司/「西成ゴローの四億円」「西成ゴローの四億円 死闘篇」大場康

2022年2月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「コーダ あいのうた」

UPCOMING 新作紹介:「Coda コーダ あいのうた」