男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

さがす

  • さがす
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    76.2点(571人)

  • 観たひと

    798

  • 観たいひと

    40

  • レビューの数

    102

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2022/1/21
上映時間 123分
製作会社 アスミック・エース=DOKUSO映画館=NK Contents(製作幹事・制作:アスミック・エース/制作プロダクション:レスパスビジョン/制作協力:レスパスフィルム)
配給 アスミック・エース
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督片山慎三 
脚本片山慎三 
共同脚本小寺和久 
高田亮 
エグゼクティブプロデューサー豊島雅郎 
仲田桂祐 
土川勉 
プロデューサー井手陽子 
山野晃 
原田耕治 
撮影池田直矢 
装飾松塚隆史 
音楽高位妃楊子 
音楽プロデューサー安井輝 
録音秋元大輔 
音響効果井上奈津子 
編集片岡葉寿紀 
衣裳百井豊 
ヘアメイク宮本奈々 
カラリスト大西悠斗 
キャスティング田坂公章 
ラインプロデューサー和田大輔 
制作担当姫田伸也 
スケジュール山田卓司 
助監督相良健一 
宣伝プロデューサー中島航 

キャスト

出演佐藤二朗 原田智
伊東蒼 原田楓
清水尋也 名無し/山内照巳
森田望智 ムクドリ/内藤あおい
石井正太朗 花山豊
松岡依都美 蔵島みどり
成嶋瞳子 原田公子
品川徹 馬渕

(C)2022『さがす』製作委員会

解説

「岬の兄妹」で注目された片山慎三監督の長編2作目にして商業デビュー作。第26回釜山国際映画祭ニューカレンツ部門に正式出品された。懸賞金300万円がかかった指名手配中の連続殺人犯を追って姿を消した父と、その父を不安と孤独を抱えながら探し求める娘の姿を描く。苦悩と矛盾に満ちた人生を歩んできた父・原田智役を佐藤二朗が演じる。娘の楓役をオーディションで勝ち取ったのは「湯を沸かすほどの熱い愛」「島々清しゃ(しまじまかいしゃ)」の伊東蒼。指名手配中の連続殺人犯・山内照巳を演じるのは「ホットギミック ガールミーツボーイ」「東京リベンジャーズ」の清水尋也。自殺志願者・ムクドリ役には『全裸監督』の森田望智が起用された。大阪出身の片山監督の父が指名手配犯を見かけたという実体験から生まれたオリジナル作品。

あらすじ

大阪の下町で平穏に暮らす原田智と中学生の娘・楓。「お父ちゃんな、指名手配中の連続殺人犯見たんや。捕まえたら300万もらえるで」。いつもの冗談だと思い、相手にしない楓。しかし、その翌朝、智は煙のように姿を消す。ひとり残された楓は孤独と不安を押し殺し、父をさがし始めるが、警察でも「大人の失踪は結末が決まっている」と相手にもされない。それでも必死に手掛かりを求めていくと、日雇い現場に父の名前があることを知る。「お父ちゃん!」。だが、その声に振り向いたのはまったく知らない若い男だった。失意に打ちひしがれるなか、無造作に貼られた「連続殺人犯」の指名手配チラシを見る楓。そこには日雇い現場で振り向いた若い男の顔写真があった。

関連するキネマ旬報の記事

2023年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

日本映画ベスト・テン:

2022年4月下旬号

読者の映画評:「ウェンディ・アンド・ルーシー」植岡深雪/「さがす」志村秀人/「テレビで会えない芸人」八木橋誠

2022年2月上旬号

「さがす」:作品評

「さがす」:対談 片山慎三[監督]×池田直矢[撮影]

「さがす」:インタビュー 佐藤二朗、伊東蒼

グラビアインタビュー 清水尋也「さがす」:

REVIEW 日本映画&外国映画:「さがす」

UPCOMING 新作紹介:「さがす」