男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

クレッシェンド 音楽の架け橋

  • くれっしぇんどおんがくのかけはし
  • CRESCENDO
  • CRESCENDO
  • 平均評点

    77.1点(90人)

  • 観たひと

    120

  • 観たいひと

    21

  • レビューの数

    23

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 ドイツ
製作年 2019
公開年月日 2022/1/28
上映時間 112分
製作会社 CCC Filmkunst
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)CCC Filmkunst GmbH

解説

指揮者ダニエル・バレンボイムと米文学者エドワード・サイードが中東の障壁を打ち破ろうと設立したウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団をモデルにした人間ドラマ。紛争中のパレスチナとイスラエルから若者たちを集め、オーケストラが結成されるが……。「ブラック・セプテンバー ~ミュンヘンオリンピック事件の真実~」などを手がけたイスラエル・テルアビブ出身のドロール・ザハヴィ監督が、憎しみや葛藤を乗り越えて生まれるハーモニーを描く。出演は、「ありがとう、トニ・エルドマン」のペーター・シモニシェックほか。

あらすじ

世界的指揮者のエドゥアルト・スポルク(ペーター・シモニシェック)は、紛争中のパレスチナとイスラエルの双方から若者たちを集めオーケストラを編成し、平和を祈ってコンサートを開くというプロジェクトを引き受ける。家族の反対や軍の検問を乗り越え、オーディションを経て20余人の若者が音楽家になるチャンスを掴むが、戦車やテロの攻撃に晒され憎み合う両陣営の楽団員は激しく衝突。リハーサルどころではなくなってしまう。そこでスポルクは楽団員を連れ出し南チロルで21日間合宿することに。寝食を共にし、互いの音に耳を傾け、経験を語り合ううちに、楽団員たちは少しずつ憎しみや葛藤を乗り越え心の壁を溶かしていった。そして迎えたコンサート前日、ようやく心が一つになった楽団員たちにある事件が起きる。

関連するキネマ旬報の記事

2022年2月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「クレッシェンド 音楽の架け橋」