男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ボストン市庁舎

  • ぼすとんしちょうしゃ
  • CITY HALL
  • CITY HALL
  • 平均評点

    81.2点(27人)

  • 観たひと

    40

  • 観たいひと

    23

  • レビューの数

    7

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー
製作国 アメリカ
製作年 2020
公開年月日 2021/11/12
上映時間 272分
製作会社 Puritan Films
配給 ミモザフィルムズ=ムヴィオラ
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2020 Puritan Films, LLC – All Rights Reserved

場面

予告編


     

解説

ドキュメンタリー映画の巨匠フレデリック・ワイズマンがマサチューセッツ州ボストンの市役所と街の姿を映したドキュメンタリー。市役所の人々とともに街のあちこちへと動き出すカメラは、数百種類ものサービスを提供する知られざる市役所の舞台裏を映し出す。2020年ヴェネチア国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門出品、2020年トロント国際映画祭正式出品作品。

あらすじ

多様な人種・文化が共存する大都市ボストンは、ワイズマン監督の故郷であり、現在も暮らす街である。飄々と市庁舎のなかへ入り込んだカメラは、市役所の人々とともに街のあちこちへと興味のままに動き出す。そこには、警察、消防、保健衛生、高齢者支援、出生、結婚、死亡記録、ホームレスの人々の支援から同性婚の承認まで、数百種類ものサービスを提供する、知られざる市役所の仕事の舞台裏が映し出される。ウォルシュ市長と市役所職員たちが市民の幸せのために奮闘する姿から、浮かび上がってくるものとは……?

関連するキネマ旬報の記事

2021年11月下旬号

ドキュメンタリー、その言葉:「ボストン市庁舎」 対談 フレデリック・ワイズマン[監督]×想田和弘[映画作家]

UPCOMING 新作紹介:「ボストン市庁舎」