男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

スウィート・シング

  • すうぃーとしんぐ
  • SWEET THING
  • SWEET THING
  • 平均評点

    77.4点(85人)

  • 観たひと

    115

  • 観たいひと

    29

  • レビューの数

    24

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2020
公開年月日 2021/10/29
上映時間 91分
製作会社 Black Horse Productions=O-TAY
配給 ムヴィオラ
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

Photo Credit: Lasse-Tolboll

場面

予告編


     

解説

「イン・ザ・スープ」のアレクサンダー・ロックウェル監督による25年ぶりの日本劇場公開作。15歳の少女ビリーと弟ニコは、酒のトラブルが尽きない父アダムと暮らしている。ある日、父が強制的な入院措置となり、二人は家を出た母イヴのもとへ行くが……。主役の姉弟を監督の実の子どもたちが、母親を実際のパートナーであるカリン・パーソンズが演じている。父親役は、「ミナリ」のウィル・パットン。2020年ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門最優秀作品賞受賞。

あらすじ

マサチューセッツ州ニューベッドフォード。15歳の姉ビリー(ラナ・ロックウェル)と11歳の弟ニコ(ニコ・ロックウェル)は、普段は優しいが酒のトラブルを起こしてばかりいる父アダム(ウィル・パットン)と暮らしている。ある日、アダムが強制的な入院措置となり、身寄りのないビリーとニコは、家を出ていった母イヴ(カリン・パーソンズ)のもとへ行くが……。

関連するキネマ旬報の記事

2021年11月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「スウィート・シング」

2021年11月上旬特別号

ランダム・ウォーク キネ旬的映画の歩き方:「スウィート・シング」 インタビュー アレクサンダー・ロックウェル[監督]

UPCOMING 新作紹介:「スウィート・シング」