男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ジャズ・ロフト

  • じゃずろふと
  • THE JAZZ LOFT ACCORDING TO W. EUGENE SMITH
  • THE JAZZ LOFT ACCORDING TO W. EUGENE SMITH
  • 平均評点

    72.7点(15人)

  • 観たひと

    30

  • 観たいひと

    8

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / アート
製作国 アメリカ
製作年 2015
公開年月日 2021/10/15
上映時間 87分
製作会社 WNYC Radio=Lumiere Productions
配給 マーメイドフィルム=コピアポア・フィルム
レイティング
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

Photo by W. Eugene Smith, 1959 (C) The Heirs of W. Eugene Smith.

場面

予告編


     

解説

1950年代半ば、マンハッタンのロフトで連日繰り広げられた気鋭のジャズ・ミュージシャンたちによるセッション。写真家のユージーン・スミスがその模様を録音し、カメラに記録していた素材を元に、当時の熱気を余すところなく伝えるドキュメンタリー。サム・スティーブンソン、カーラ・ブレイらが出演。

あらすじ

1950年代半ば、マンハッタンのロフトに連日連夜、気鋭のジャズ・ミュージシャンたちが集まり、セッションが繰り広げられていた。ここに住んでいた写真家ユージーン・スミスがその模様を録音し、写真に収めた素材を元に構成したのが本作。花屋の問屋街に位置する5階建ての薄暗いロフトに集まったのは、既に絶頂期を迎えていたセロニアス・モンクや作曲家・ピアニストとして名を馳せる前のカーラ・ブレイ、さらにはズート・シムズ、ホール・オーバートン、ロニー・フリーといった名うてのミュージシャンたちも加わっていた。彼らの一挙一動を逃すまいと、部屋中に録音用の配線を張り巡らせ、何千枚もの写真を撮るスミス。このユニークなコラボは8年間にも及んだ。単なる記録の域を超えて浮き彫りになるのは、ジャズ・ミュージシャンたちの圧倒的な存在感や刹那的な生き様、そして彼らとの交流を通して、人生の岐路に立たされていた1人の写真家が抱く新たな決意。また、歴史的な報道写真の数々を生み出してきた暗室での孤独な作業に加え、ユーモアと気難しさを併せ持つスミスの複雑なパーソナリティも、多くの証言者によって明かされる。さらには、後にタウンホールでの名演として結実するモンクとオーバートンのリハーサルや打ち合わせ風景など、今まで公にならなかった貴重なやりとりにも注目。まさに今その場で起こる奇跡に立ち会っているかのような臨場感を堪能できる。

関連するキネマ旬報の記事

2021年11月上旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ジャズ・ロフト」

2021年10月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ジャズ・ロフト」