男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ミッドナイト・トラベラー

  • みっどないととらべらー
  • MIDNIGHT TRAVELER
  • MIDNIGHT TRAVELER
  • 平均評点

    79.7点(25人)

  • 観たひと

    37

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    8

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 社会派 / 戦争 / ヒューマン
製作国 アメリカ=カタール=カナダ=イギリス
製作年 2019
公開年月日 2021/9/11
上映時間 87分
製作会社 Old Chilly Pictures
配給 ユナイテッドピープル
レイティング
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2019 OLD CHILLY PICTURES LLC.

場面

予告編


     

解説

アフガニスタンの平和をテーマにした自作がタリバンの怒りを買い、命を狙われた映像作家ハッサン・ファジリ。妻と二人の娘とともに故郷アフガニスタンを脱出、ヨーロッパへ向かう5600kmの逃亡の旅を3台のスマートフォンで撮影したセルフドキュメンタリー。ハッサン一家はタジキスタン、トルコ、ブルガリアを抜け、安全な場所を求めて命がけの旅を記録していく。もともと映画制作に関わっていた妻、両親のもと映像教育を受けていた娘たちも、それぞれの恐れや不安、かすかな希望をカメラの前にさらけ出す。難民家族を外からのカメラではなく、内からのカメラで捉えたその緊張の連続は、難民となることの厳しい運命を観る者に容赦なく突きつける。2019年のサンダンス映画祭でワールドシネマドキュメンタリー審査員特別賞ほか、計23の映画賞を受賞した。

あらすじ

2015年、映像作家のハッサン・ファジリはタリバンから死刑宣告を受ける。自身が制作したアフガニスタンの平和に関するドキュメンタリーが国営放送で放送されると、タリバンはその内容に憤慨し、出演した男性を殺害。監督したハッサンにも危険が迫っていた。彼は、家族を守るため、アフガニスタンからヨーロッパまで5600kmの旅に、妻と2人の娘たちと出発することを決意する。

関連するキネマ旬報の記事

2021年10月上旬号

巻頭特集 映画にしなければならないもの:「東京クルド」 日向史有[監督]インタビューと「ミッドナイト・トラベラー」

2021年9月下旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ミッドナイト・トラベラー」

UPCOMING 新作紹介:「ミッドナイト・トラベラー」