男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ディナー・イン・アメリカ

  • でぃなーいんあめりか
  • Dinner in America
  • DINNER IN AMERICA
  • 平均評点

    74.4点(59人)

  • 観たひと

    77

  • 観たいひと

    19

  • レビューの数

    15

基本情報

ジャンル ラブロマンス / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2020
公開年月日 2021/9/24
上映時間 106分
製作会社 PSH Collective=Bee-Hive Productions
配給 ハーク(配給協力:EACH TIME)
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督アダム・レーマイヤー 
脚本アダム・レーマイヤー 
エグゼクティブプロデューサーステファン・ブラウム 
ショーン・オグレー 
ビル・スターツ 
カール・ハーマン 
ロバート・クラヴィス 
ハンナ・マークス 
マーカス・ヴィラグラン 
スコット・カーメル 
ハルーン・サリーム 
ケレム・サンガ 
エリック・フライシュマン 
ブル・ブルメンタール 
ブランドン・リヒテンシュタイン 
ダンカン・モンゴメリー 
ジャック・セルビー 
ホルヘ・ガルシア・カストロ 
Co.エグゼクティブプロデューサーブレット・ブリュワー 
マイケル・ダナウェイ 
マイケル・シーガル 
キャサリン・ワデル 
モンテ・ザジセク 
プロデューサーベン・スティラー 
ニッキー・ウェインストック 
ロス・プットマン 
デイヴィッド・ハンター 
ジョン・コヴァート 
サム・スレイター 
共同プロデューサールーシー・モロウキアン 
撮影ジャン・ピエール・ベルニエ 
美術フランチェスカ・パロンボ 
音楽ジョン・スウィハート 
編集アダム・レーマイヤー 
衣裳デザインアナイス・カスタルディ 
ハンナ・グリーンブラット 
キャスティングスーザン・ペイリー・エイブラムソン 
ジャスティン・ヘンプ 
字幕翻訳本庄由香里 

キャスト

(C)2020 Dinner in America, LLC. All Rights Reserved

場面

予告編


     

解説

パンクロック好きの孤独な少女が警察に追われる男を家に匿ったら、なんと覆面バンドの推しメンだった。やがて社会不適合者や厄介者と蔑まれる二人は心惹かれ合い、社会の偏見をぶっ飛ばしてゆく。ベン・スティラーがプロデュースしたアナーキック・ラブストーリー。主人公のパティを演じるのはエミリー・スケッグス。ミュージカル『ファン・ホーム』で2015 年のトニー賞ミュージカル助演女優賞にノミネートされ、近年は「ミスエデュケーション」(18)などの映画にも出演している。パンク・ロッカーのサイモンに扮するのは、「アメリカン・スナイパー」(14)「バトル・インフェルノ」(19)などのカイル・ガルナー。監督は「バニーゲーム」(10)のアダム・レーマイヤー。新型コロナの影響でいまだ本国アメリカでは公開されておらず、先立っての日本公開となる。

あらすじ

パティは孤独で臆病な少女。過保護に育てられ、したいこともできず、単調な毎日を送っている。唯一、平凡な人生から逃避できる瞬間、それはパンクロックを聴くこと。そんな彼女が、ひょんなことから警察に追われる不信な男・サイモンを家に匿ったものの、実はその男こそが彼女の愛するパンクバンド“サイオプス”の心の恋人、覆面リーダーのジョン Q だった。

関連するキネマ旬報の記事

2021年10月上旬号

「ディナー・イン・アメリカ」:インタビュー アダム・レーマイヤー[監督・脚本・編集]

REVIEW 日本映画&外国映画:「ディナー・イン・アメリカ」

UPCOMING 新作紹介:「ディナー・イン・アメリカ」